江沢民氏の死去 在韓中国大使館が弔問受け付け

【ソウル聯合ニュース】中国の江沢民・元国家主席の死去を受け、在韓中国大使館は1~6日にソウルの大使館と釜山・光州・済州の総領事館で弔問を受け付けると明らかにした。

 ただ、新型コロナウイルス対策として、弔問前に連絡するよう要請した。

 韓国の外交部当局者は同部の朴振(パク・ジン)長官が弔問に訪れる方向で検討していると明らかにした。また、「中国は海外からの弔問団を受け入れないという立場を発表した」として、「中国政府の葬儀の手続きと立場を最大限尊重して従う」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲江沢民・元国家主席の死去を受け、在韓中国大使館に設置された弔問所=1日、ソウル

right

あわせて読みたい