韓国最大の貿易赤字相手国、日本ではなくサウジに

韓国最大の貿易赤字相手国、日本ではなくサウジに

 ロシア・ウクライナ戦争によるエネルギー価格高騰、米中対立の長期化に伴う経済のブロック化が加速し、韓国の貿易収支で黒字と赤字の相手国・地域ランキングに大きな変化が生じた。貿易黒字相手国・地域の1位にベトナムが初めてランクされ、貿易赤字相手国・地域では資源大国のサウジアラビアとオーストラリアが日本を抜き、1、2位になると予想される。

 日本から素材、部品、設備を輸入し、生産を行い、製品を中国に輸出して収益を上げた韓国の貿易・産業構造が根本的な変化に直面している。韓国貿易協会国際貿易通商研究院のチョ·サンヒョン院長は「最近の貿易状況は国内外の景気変動だけでなく、韓国の貿易·産業の構造的な問題も複合的に作用した結果だ」と指摘した。

【表】韓国の貿易赤字相手国・地域トップ5

■貿易黒字相手国、ベトナムが初のトップ

 本紙が8日、韓国貿易協会の輸出入統計を分析した結果、ベトナムは今年、韓国の貿易黒字相手国・地域順位で初めて1位に浮上すると予想される。今年に1-10月の対ベトナム貿易黒字は287億ドルで、2位の米国と50億ドル以上の差をついた。暫定集計の結果、11月までの累積黒字は326億ドルで、21年通年の黒字規模(327億ドル)とほぼ並んだ。ベトナムはコロナが拡大した20年、中国を抜き2位の貿易黒字相手国になり、それから2年で1位に浮上することになる。

 一方、2003年以来、韓国の貿易黒字相手国・地域で1、2位を争っていた中国、香港はコロナ封鎖が続き、対中輸出が低迷したことで、順位が低下。中国との中継貿易が多い香港は昨年の1位から3位に、3位だった中国は5月以降赤字が続き、10位圏外に後退した。

 貿易赤字相手国・地域も韓国の原油輸入の30%以上を占めるサウジアラビア(赤字314億ドル)が日本を抜き1位となった。日本は2015年から昨年まで7年連続1位だったが、今年の赤字は200億ドルで3位に後退した。韓国の天然ガス輸入トップとなったオーストラリア(218億ドル)がサウジに続いた。原油・ガスなど国際エネルギー価格が急騰し、エネルギー輸入先に対する貿易赤字が深刻になったためだ。

 今年に入り、サウジ産原油の輸入は96%、オーストラリア産天然ガスの輸入は196%急増した。貿易赤字相手国・地域上位10位以内はこのほか、カタール(4位)、クウェート(6位)、アラブ首長国連邦(UAE・7位)、ロシア(8位)、イラク(9位)などエネルギー大国が多数を占めた。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国最大の貿易赤字相手国、日本ではなくサウジに
  • 韓国最大の貿易赤字相手国、日本ではなくサウジに

right

あわせて読みたい