尹大統領「韓国軍のドローン対応訓練、2017年から皆無」

「北を監視するドローン部隊を早期に創設」

 韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は27日、北朝鮮無人機の韓国領空侵犯について「過去数年にわたる韓国軍の態勢と訓練が極めて不十分だったことを示しており、より強力な態勢と訓練が必要だということを如実に確認させた事件」と語った。韓国軍は前日、北朝鮮の無人機5機を捕捉した後、撃墜しようとしたが失敗した。韓国軍の無人機対応失敗は、前政権で始まった軍の綱紀の緩みが原因だと診断したのだ。

 尹大統領は27日の国務会議(閣議に相当)でこのように表明し「2017年からドローンへの対応努力と戦力構築がきちんとなされておらず、訓練は完全に皆無だったことを思えば、北朝鮮の善意と軍事合意にのみ依存した対北政策がどれほど危険なものか、韓国国民はしっかりと見ただろう」と語った。さらに尹大統領は「北朝鮮の主要軍事施設を監視・偵察するドローン部隊の創設を計画しているが、きのうの事件を契機にドローン部隊の設置をできるだけ前倒ししたい」「最先端でドローンをステルス化し、監視・偵察力を強化したい」と述べた。

 韓国軍の合同参謀本部(合参)は「きのう(26日)、敵の無人機5機が韓国領空を侵犯し、韓国軍はこれを探知・追跡したが、撃墜できなかったことについて恐縮している」とコメントした。その上で合参は「偵察用小型無人機は3メートル以下の小さなサイズで、現在の韓国軍の探知・打撃能力では限界があった」と説明した。韓国軍が、北朝鮮の小型無人機挑発にきちんと対応するのは難しいという現実を認めたのだ。なお一部では、前日に北朝鮮の無人機が大統領室のあるソウル市竜山までやって来たという主張がなされたが、韓国軍はこれを公式に否定した。韓国軍は27日も、北朝鮮の無人機と推定される飛行物体の航跡を追跡したが、鳥の群れを誤認したものと結論付けた。

 朴元坤(パク・ウォンゴン)梨花女子大教授は「通常戦力で劣勢の北朝鮮が、核・ミサイルに続いて無人機という新たな非対称戦力カードを持ち出した」と語った。また韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ事務局長は「南北軍事合意に基づく飛行禁止区域などで韓国軍は、前方地域の状況に攻勢的対応を取れないほどに体質が変わったらしい」と語った。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲尹錫悦大統領
  • 尹大統領「韓国軍のドローン対応訓練、2017年から皆無」

right

あわせて読みたい