小学校入学予定児童、ソウルで初の7万人割れ…地方はさらに深刻

 (アンカー)

 韓国の小学校で新入生予備招集が今日(4日)と明日、行われますが、少子化の影響が如実に現れています。今年の春にソウル市内の小学校に入学する予定の児童は初めて7万人を切り、6万人台となりました。地方では新入生が1人もいないため、入学式すらできないという学校もあります。

 イ・テヒ記者がお伝えします。

【TV朝鮮ニュース動画】小学校入学予定児童、ソウルで初の7万人割れ

 (記者リポート)

 母親の手をしっかりと握って初めて学校に来ました。友達にあいさつして、これから学ぶ教室も見学しました。

 児童も保護者も胸の高鳴りは隠せません。

(パク・セウン /保護者〈ソウル市麻浦区〉)

 「とても楽しみです。ドキドキしますし、心配もいろいろあります」

 (イ・ジュヨル /入学予定児童〈ソウル市麻浦区〉)

 「頑張って勉強したいです。(夢があるんでしょ? 何だったけ?)全校1位」

 しかし、今年のソウル市内の小学校の予備招集は、これまでで最も閑散としています。

 毎年新入生が減り、今年は初めて7万人を切り、6万人台となりました。

 卒業を控えている新6年生と比べると約2000人少ないです。

 (ソウル市教育庁関係者)

 「入学を見送る児童もいて…(就学予定者数よりも)8%から10%ほど減りそうで…」

 地方では問題がいっそう深刻です。江原道17校、慶尚南道11校、忠清北道6校では今年、新入生がいないので入学式を行えません。

 昨年廃校になった学校も全国で50校余りあります。

 少子化による学齢人口の減少により、廃校の懸念が現実のものとなっている中、ソウル教育庁は中学校と高校の統廃合を推進しており、教員の定員削減も避けられないものとみられています。

 テレビ朝鮮、イ・テヒでした。

(2023年1月4日放送 TV朝鮮「ニュース9」より)

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=NEWSIS

right

あわせて読みたい