中国、20カ国への団体旅行解禁も韓国・米国・日本は除外

来月6日から試験的に許可

 中国政府が「ゼロコロナ」政策で中止していた自国民の海外団体旅行を再開すると発表したものの、韓国・米国・日本は対象国から除外された。

 中国文化観光省弁公庁は20日、来月6日から中国全土の旅行会社が自国民を対象に海外団体観光ツアーと「航空券+ホテル」のパッケージ商品を販売できるよう、試験的に許可することを明らかにした。

【写真】目立ちすぎる漢字の誤表記…仁川空港に設置された中国人向け案内板

 団体旅行が許可される国はタイ、インドネシア、カンボジア、モルディブ、スリランカ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ラオス、アラブ首長国連邦、エジプト、ケニア、南アフリカ共和国、ロシア、スイス、ハンガリー、ニュージーランド、フィジー、キューバ、アルゼンチンの20カ国だ。現在、中国からの入国者の新型コロナウイルス水際対策強化をめぐって確執を抱えている韓国・日本と米国などは対象国から外された。

 中国文化観光省は20日から直ちに旅行会社のインターネットサイトや店舗で関連ツアーの発売および販促活動が行えるようにすると発表した。

 中国外務省の汪文斌(おうぶんひん)報道官は同日の定例記者会見で、「全体的に中国国内の新型コロナ流行はすでに鎮静化した状況で、出入国人数は徐々に増えている」「多くの国々で中国人観光客の訪問を熱烈に歓迎している」と述べた。また、「最近、中国社会の経済活動や生活が全面的に正常化しており、中国国民の海外旅行に対する意向が大幅に強くなった」「観光活動を再開できる条件がいっそう整った」と背景を説明した。

ペク・スジン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=NEWSIS

right

あわせて読みたい