昨年12月の訪韓外国人 日本人が8.5万人で最多

昨年12月の訪韓外国人 日本人が8.5万人で最多

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が昨年11月に日本など8カ国・地域に対し査証(ビザ)なしでの短期滞在を認める措置を再開後、翌12月に韓国を訪問した外国人のうち日本人が最も多かったことが分かった。

 法務部出入国・外国人政策本部が公表した「2022年12月統計月報」によると、昨年12月の訪韓外国人は55万8127人だった。

 来韓した人を国別にみると、日本が前月比33.0%増の8万5693人(15.4%)で最も多かった。前年同月に比べ62倍増加した。日本に次いで米国(6万8331人)、シンガポール(5万774人)、タイ(4万1789人)、中国(3万1036人)などと続いた。

 昨年の訪韓外国人数は339万9人で、前年(104万4545人)に比べ2倍以上増加した。国別では米国からの訪韓客(61万103人)が最も多く、日本(30万9460人)、中国(25万876人)、ベトナム(23万9269人)、フィリピン(20万6529人)の順。

 一方、昨年の韓国人出国者数は658万145人だった。訪問先は最多の日本(109万3260人)をはじめベトナム(105万1754人)、米国(71万4630人)、タイ(48万4085人)、フィリピン(43万4534人)など。

 また、昨年12月の韓国人出国者数は139万6563人で、このうち33.0%(46万4980人)が日本を訪問した。

 韓国に在留する外国人は224万5912人で、前月より5万1132人(2.3%)増加した。国籍別では中国が37.8%、ベトナムが10.5%、タイが9.0%、米国が7.0%、ウズベキスタンが3.5%を占めた。

 外国国籍の同胞は35.8%に当たる80万4976人。未登録(不法滞在)の外国人は41万1270人で前月比1389人減少した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 昨年12月の訪韓外国人 日本人が8.5万人で最多

right

あわせて読みたい