韓国電池業界の対中依存度、昨年重要素材でさらに高まっていた

 中国製品の使用を制限する米インフレ抑制法(IRA)による電池鉱物に関する規定の施行が2カ月後に迫る中、水酸化リチウム、コバルト、天然黒鉛など車載電池の重要素材で韓国の対中依存度が昨年、むしろ高まったことが分かった。

 韓国貿易協会によると、。二次電池の重要素材である水酸化リチウムの昨年の輸入額36億7639万ドルのうち、中国からの輸入は32億3173万ドルで87.9%を占めた。対中依存度は2018年の64.9%から19年に74.4%、20年に81.2%、21年に83.8%と年々上昇してきた。

 電気自動車(EV)の電池性能を左右する正極材のコバルトも同様だ。昨年のコバルト輸入額2億4620万ドルのうち、中国から輸入額は72.8%(1億8000万ドル)に迫り、対中依存度は前年に比べ8.8%ポイント上昇した。コバルトの対中依存度は18年の53.1%から19年に56.3%、20年に83.3%まで上昇し、21年は64%に低下したものの、昨年再び高まった。天然黒鉛も輸入額1億3000万ドルのうち、中国からの輸入が1億2000万ドル(94%)を占めた。

 韓国電池業界は米国市場を攻略するためにもサプライチェーン多角化が急がれる状況だ。米政府は3月からIRAに基づく電池鉱物に関する規定を施行する。北米や米国と自由貿易協定(FTA)を結んだ国で採掘・加工した重要鉱物を40%以上使用したバッテリーにのみ補助金を支給する内容だ。2027年には80%以上へと要件が強化される。韓国貿易協会は「海外資源開発支援事業を復活させ、資源確保のための多国間協定を推進すべきだ」と指摘した。

カン・ダウン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい