質と量で米国超えた中国の半導体研究…「韓国の突破口必要」

 韓国の半導体技術の競争力がますます後退しているという分析が示された。「K-半導体」の危機感が高まる中での指摘であり、注目を集めている。

 韓国科学技術情報研究院(KISTI)が1日公表した「学術論文データで見たグローバル半導体技術覇権競争」と題する報告書は、韓国の半導体関連研究の競争力が世界で4-6位水準にすぎないと分析した。報告書は2000年から21年までに出版された192万件の半導体関連論文を分析したものだ。

【グラフィック】韓国、コロナ禍の経済成績で勝者…OECD加盟19カ国のうち3位 、日本は?

 報告書によると、米国は論文数で10年まで1位だったが、11年に中国にその座を明け渡した。中国は質的水準を示す「被引用上位10%の論文数」でも16年からは米国を抜き首位に立った。

 米国と中国が競り合う間、韓国の競争力は世界の最上位圏には達していない。被引用上位論文数は10年まで7位を維持し、16年から4位に浮上したが、ランキングは頭打ちだ。最上位(1%)の論文数は6位にとどまっている。

 分野別に見ると、韓国は炭素ナノチューブ、グラフェン、ペロブスカイト太陽電池などで強みがあった。しかし、研究活動と影響力を総合した分析結果では高評価が得られなかった。

 一方、中国はナノ粒子、有機半導体、光触媒などの分野で既に米国を抜いており、二次元物質、ナノ電子機械システム、ペロブスカイト太陽電池など有機半導体素材・応用分野でも成果を上げている。

 グローバルR&D分析センターのアン・セジョン責任研究員は「韓国が世界的な技術覇権競争で生き残り、中長期的な技術競争力を確保するためには、全般的な研究分野ポートフォリオの点検と調整が必要だ」とし、「製造・産業分野中心の投資路線から脱却し、基礎・中核技術分野に対する戦略的で思い切った投資を通じ、突破口を見いだすことが急がれる」と述べた。

イ・ジョンヒョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真提供=大統領室

right

あわせて読みたい