薬物疑惑のユ・アイン、KBSが一時的に出演制限

薬物疑惑のユ・アイン、KBSが一時的に出演制限

 【NEWSIS】俳優ユ・アイン(本名オム・ホンシク、36)が向精神薬プロポフォールをはじめ薬物使用をめぐり、KBSで一時的出演制限対象者となった。

 KBSが17日発表したところによると、ユ・アインに対し一時的に出演制限措置を下したという。今後、捜査結果が出た後、放送出演規制審査委員会を開く予定とのことだ。KBSは「違法または非道徳的な行為、社会的に物議をかもす行為」を放送出演規制審議の対象に定めている。出演制限措置が下された芸能人は、これまでの出演分を放送することがあっても、モザイク処理しなければならない。

 ユ・アインは2年間にプロポフォールをおよそ100回使用したとして、警察の捜査を受けている。全部で4種類の麻薬類を使用した状況も明らかになっている。国立科学捜査研究院は最近、ユ・アインの毛髪からプロポフォールと大麻のほか、コカインやケタミンの成分も検出された、とソウル警察庁麻薬犯罪捜査隊に通知した。

◆【写真】ユ・アイン 細マッチョ際立つ薄紫セーター「他を圧倒するオーラ」

チェ・ジユン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 薬物疑惑のユ・アイン、KBSが一時的に出演制限

right

あわせて読みたい