韓日関係改善で年間輸出3千億円超増加 韓国シンクタンク

【ソウル聯合ニュース】韓国の対日輸出構造が韓日関係悪化以前の水準に戻った場合、韓国の年間輸出額は26億9000万ドル(約3550億円)増加する見通しであることが分かった。

 大韓商工会議所のシンクタンク「持続成長イニシアチブ」が19日に公表した報告書によると、2022年の韓国の総輸出に占める対日輸出の割合は4.5%で、両国関係が悪化する前の17~18年の平均(4.9%)より0.4ポイント低かった。

 報告書は、輸出構造が同期間の水準に回復すれば韓国の輸出額は年間約26億9000万ドル増え、国内総生産(GDP)成長率は0.1ポイント上昇するとの予測を示した。

 また、韓国の主力輸出品目のうち、鉄鋼や石油製品、家電、自動車部品などが日本との関係悪化の影響を大きく受けたと分析した。輸出全体に占める対日輸出の割合を17~18年と22年で比較すると、鉄鋼が1.3ポイント、石油製品が1.8ポイント、家電が1.3ポイント、自動車部品が1.8ポイント、それぞれ低下した。

 報告書は「韓日関係改善は両国双方の経済にとって力になる」とし、それぞれの強みを生かして協力を強化する必要があると強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい