北朝鮮が巡航ミサイル発射 韓米演習終了前に武力誇示

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は22日、北朝鮮が同日午前10時15分ごろ、東部の咸鏡南道・咸興付近から朝鮮半島東の東海上に巡航ミサイル数発を発射したと発表した。

 韓米情報当局がミサイルの機種や飛行距離などを分析しているが、「北朝鮮版トマホーク」と呼ばれる長距離戦略巡航ミサイルである可能性が提起されている。

 北朝鮮がミサイルを発射したのは、19日の短距離弾道ミサイル(SRBM)以来3日ぶり。北朝鮮はSRBMが800キロ先に設定された東海上の目標上空で空中爆発したとして、戦術核攻撃を想定した弾道ミサイル発射訓練に成功したと主張した。

 北朝鮮は今月12日に咸鏡南道・新浦沖の潜水艦から、先月23日には咸鏡北道金策市付近から巡航ミサイルを発射したと主張したが、韓国軍は真偽を確かめていると明らかにしており、虚偽の可能性があるとの見方も出ている。

 巡航ミサイルは低高度で飛行するため、探知・追跡が難しいという特徴がある。

 北朝鮮は、韓米が今月13日から23日まで実施している合同軍事演習「フリーダムシールド(自由の盾、FS)」に反発して挑発を続けている。演習の終了前日に行われた今回の巡航ミサイル発射も、武力を誇示するためとみられる。

 フリーダムシールドは、「ウォリアーシールド(戦士の盾、WS)」と呼ばれる合同野外機動訓練(FTX)を集中的に実施し、対北融和路線を取った文在寅(ムン・ジェイン)前政権期に中断された戦区級FTXを復活させた演習だ。

 合同参謀本部は「確固たる連合防衛体制の下、計画した合同演習を成功させ、実施中のWS合同野外機動訓練も強力に行う」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい