「北の核攻撃には米国の核兵器で圧倒的な対応」…韓米首脳会談で「ワシントン宣言」採択

尹大統領とバイデン大統領が「核協議グループ」の新設で合意

 尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と米国のバイデン大統領は26日(現地時間)にホワイトハウスで首脳会談を行い、韓米による拡大抑止に関する新しい枠組み「核協議グループ(NCG)」の設置で合意し、またこれらの内容を含む「ワシントン宣言」を発表した。核協議グループは北朝鮮の核の脅威に対抗するため、米国の核の傘(拡張抑止)提供に関する情報を両国が共有し、また核戦力運用時の企画・実行にも韓国が関与する方策を議論する協議体だ。韓国大統領室の関係者は「拡張抑止の情報共有、共同企画、共同実行を包括するメカニズムがより有機的に働くものと期待している」とコメントした。

【写真】ホワイトハウスを訪れた韓国大統領夫妻

 首脳会談後の記者会見で尹大統領は「韓米両国は北朝鮮による核攻撃の際には直ちに首脳間で協議を行い、これを通じて米国の核兵器を含む同盟間の全ての戦力を使う迅速かつ圧倒的、決定的な対応を取ることを約束した」と明らかにした。また核協議グループについて尹大統領は「韓米両国は核と戦略兵器の運用企画に関する情報を共有し、韓国が持つ最先端の在来戦力と米国の核戦力を結合した共同作戦を共に企画し実行するための方策について定期的に協議を行う。その結果は両首脳に報告されるだろう」と説明し、さらに「核危機の状況に備えるための図上シミュレーション訓練をさらに発展させることでも合意した」とも伝えた。バイデン大統領は「尹大統領の大胆かつ原則的な日本との外交的決断に感謝を表する」「これにより韓米日3カ国のパートナーシップは強化されるだろう」と述べた。

 首脳会談で両首脳は、核兵器を搭載した戦略ミサイル原子力潜水艦(SSBN)など米国の戦略兵器を定期的かつ持続的に韓半島周辺に展開することでも合意した。米政府のある幹部は核兵器を搭載可能な戦略ミサイル原子力潜水艦の韓半島展開について「1980年代初め以来なかったこと」と説明した。米国の核戦力兵器を韓半島周辺に事実上常時配備し、有事に韓米両国がこれに対応し報復に乗り出すと明確にすることで、北朝鮮による核挑発を抑止するということだ。

 安全保障政策に詳しい専門家は「戦術核兵器の再配備に匹敵するレベルの『韓国型核シェアリング』のメカニズムを通じ、北朝鮮が核挑発を行った場合に核で北朝鮮政権を全滅させるというシグナルを送った形だ」と解説した。その一方で韓国は核拡散防止条約(NPT)を順守する従来の方針を改めて確認した。これにより韓国独自の核武装は当分難しくなった。

 両首脳は韓米同盟70周年を記念する共同声明を発表し、先端技術面での協力を強化する韓米次世代核心・新興技術大会、サイバー安保協力を強化する韓米戦略的サイバー安保協力フレームワークを発足させることで合意した。両首脳は先日6・25戦争で行方不明となっていた故ルーサー・ストリー米軍上等兵の身元が確認されたことを受け、6・25当時行方不明となった兵士らを最後まで捜索する意思を明確にした共同声明も採択した。

ワシントン=崔慶韻(チェ・ギョンウン)記者、ワシントン=金真明(キム・ジンミョン)特派員

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲ホワイトハウスのバルコニーで手を振る韓米両首脳夫妻/聯合ニュース

right

あわせて読みたい