バイデン氏「北の核攻撃許さない、政権の終末招く」

【ワシントン聯合ニュース】バイデン米大統領は26日(米東部時間)、韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領との首脳会談後の共同記者会見で、「米国や(米国の)同盟、パートナーに対する北朝鮮の核攻撃は受け入れられない。北朝鮮が核攻撃を行えば、政権の終末を招くことになる」と警告した。

 拡大抑止の強化を柱に、韓米首脳が発表した「ワシントン宣言」については、「北朝鮮の核脅威に対応するため、拡大抑止において踏み込んだ措置を取るということ。必要ならあらゆる努力をするという意味」と説明した。

 一方、朝鮮半島に米核兵器の再配備はしないと強調した。ただ、核兵器の搭載可能な原子力潜水艦を含む戦略資産の展開は拡大するという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい