韓米首脳「ワシントン宣言」発表 拡大抑止強化で合意

【ワシントン聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と米国のバイデン大統領は26日(現地時間)、ホワイトハウスで首脳会談を行い、拡大抑止の強化を盛り込んだ「ワシントン宣言」を発表した。

 宣言は「韓国は米国の拡大抑止を完全に信頼し、韓国の米国の核抑止に対する持続的な依存の重要性、必要性、利点を認識する」として、「米国は朝鮮半島に対する核兵器使用の場合、韓国と協議するためあらゆる努力を尽くすことを約束する」とうたった。

 また、拡大抑止に関する新しい枠組み「核協議グループ」(NCG)の設置を表明した。宣言はNCG新設の背景について、「拡大抑止を強化するとともに、核や戦略企画を議論し、不拡散体制に対する北朝鮮の脅威を管理するため」と説明した。

 韓米は有事の際、米国の核作戦に対して共同で計画を立て、実行できるよう協力し、朝鮮半島での核抑止適用に関する合同教育・訓練を強化することにした。

 バイデン大統領は「韓国に対する米国の拡大抑止は恒久的で堅固だ」として、「韓国に対する北朝鮮のすべての核攻撃は迅速かつ圧倒的、決定的な対応を招くことを改めて確認した」と明らかにした。また、韓国に対する米国の拡大抑止手段に核を含む米国の戦力を総動員して支援することを強調した。弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)の韓国寄港など米国の戦略的資産の展開頻度を増やす一方、両国軍の協力拡大にも合意した。

 宣言には尹大統領が核拡散防止条約(NPT)の義務に対する韓国の公約を重ねて確認したことも盛り込まれた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい