韓米首脳が北朝鮮に警告 「核攻撃なら圧倒的な対応取る」

【ワシントン聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と米国のバイデン大統領は26日(現地時間)、ホワイトハウスで首脳会談を行った。尹大統領は会談後に開いた共同記者会見で、「韓米両国は北が核攻撃を行う場合、直ちに首脳間の協議を持つこととし、米国の核兵器を含む同盟のすべての戦力を使った迅速かつ圧倒的、決定的な対応を取ることを約束した」と明らかにした。

 また、「相手の善意に頼る偽の平和ではなく圧倒的な力の優位による平和を達成するため、両国の拡大抑止を画期的に強化することで一致した」と述べた。

 このような内容は両首脳が採択した「ワシントン宣言」に盛り込まれた。

 尹大統領は「両国は新しい拡大抑止システムを具体的に作動させるため、核協議グループ(NCG)を創設する」と表明。同グループについて、「北の脅威に対応し、核と戦略兵器の運営計画に関する情報を共有するとともに、韓国の先端的な従来型戦力と米国の核戦力を結合した共同作戦を共に企画し実行する方策を定期的に協議し、その結果は両首脳に報告される」と説明した。

 また、「核危機の状況に備えるための机上シミュレーション訓練をさらに発展させていく」とし、「米国の戦略的資産の朝鮮半島展開も定期的かつ持続的に行われる」と述べた。

 両首脳は経済安全保障分野や先端技術分野でも協力を強化することで合意した。米インフレ抑制法などが両国間のサプライチェーン(供給網)協力をさらに強化するよう緊密に協議していくとした。国家安全保障会議(NSC)間では「次世代新興・核心技術対話」を新設し、半導体やバッテリーなどの分野で共同研究や交流を促進する。

 韓米相互防衛条約をサイバー、宇宙空間に広げるための議論も開始する。「戦略的サイバー安保協力フレームワーク」を通じ、両国がサイバー脅威に共同対応するとともに、情報の共有や収集、分析と関連した協力も拡大する。

 尹大統領は「ワシントン宣言」に対する報道陣の質問に対し、「拡大抑止強化とその実行策は過去と異なる。北の核に対する国民の懸念は解消されるとみている」と答えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい