「韓半島情勢は一層悪化」 文在寅前大統領、中ロとの協力を呼び掛け

 文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は板門店宣言から5周年となる27日「韓半島非核化のためには中国、ロシアとも協力できねばならない」と呼び掛けた。

 文前大統領は27日午後に汝矣島の韓国取引所で開催された「4・27板門店宣言5周年学術会議:平和の春を呼び込む」に書面で祝賀メッセージを送り、その中で上記の考えを伝えた。

 文前大統領は「韓半島情勢は一層悪化しており、軍事的緊張が高まる現実を懸念している」「対立が激しくなる不安定な国際情勢もあり、危機の強度がこれまで以上に高い」との見方を示した。

 さらに「このような状況が続けば、平和が破壊されて軍事衝突をあおり、国民の生命も、安全も、経済も取り返しがつかない危険な状況に陥るかもしれない」「こんな時こそ忍耐を持ち続け、対話を通じて平和を見いだす努力が重要だ」とも訴えた。

 文前大統領は「南と北、米国は共に対話復元の努力を傾けるべきだ」「手遅れになる前に南と北、国際社会が共に対話復元と緊張の解消、平和の道へと一日も早く進むことを願う」とも付け加えた。

チェ・スヨン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲文在寅(ムン・ジェイン)前大統領/聯合ニュース

right

あわせて読みたい