韓国で急増するストーカー犯罪…通報は2年で6.5倍に

新堂駅ストーカー殺人事件から1周忌

韓国で急増するストーカー犯罪…通報は2年で6.5倍に

 ソウル市新堂駅ストーカー殺人事件の発生から9月14日で丸1年を迎えた。職場の同僚だったチョン・ジュファン(32)にストーカーされたソウル市交通公社の20代女性駅員が、ソウル市地下鉄2号線新堂駅のトイレでチョン・ジュファンの振り回した凶器により死亡した事件だ。その後、各種の再発防止策が考案されたものの、ストーカーによる被害とデートの際の暴力事件は今も増加する傾向にある。

【写真】TWICEナヨンのストーカー、再び韓国に入国…動画で「君を驚かせようと」

 警察庁が「国民の力」のチョン・ウテク議員室に提出した資料によると、ストーカー・デート暴力による「コード0(ゼロ)」の発動件数は、2020年の1419件から22年には6245件へと急増した。「コード0」は強力犯罪につながる恐れが高い犯罪に対して発動され、警察は最短時間内に現場に駆け付けなければならない。昨年1日平均17.1回の割合で「コード0」が発動された。ストーカーの被害者に対する警察レベルでの身辺保護措置は21年の1428件から昨年には7091件へと増えた。

 ストーカー・デート暴力の急増は、他の統計からも見受けられた。ストーカー関連の通報「112番」は20年の4513件から21年には1万4509件、昨年は2万9565件にまで増えた。2年で6.5倍となったのだ。警察庁は、今年8月基準で2万1815件だったが、年末までに3万5000件を超えるとする見方を示した。

 デート暴力による通報も過去最大となった。昨年は7万790件で、20年の4万9225件の1.4倍以上となった。

 状況は深刻化しているが、「現行法とシステムでは犯罪の増加を食い止めるのは困難」と指摘する声が上がっている。ストーカー・デート暴力は、加害者が繰り返し被害者を苦しめるという特徴がある。追加犯罪を防ぐためには加害者と被害者を速やかに分離する必要性があるという。

 そのための措置としては、警察が取る「緊急応急措置」と裁判所が命令する「暫定措置」がある。「緊急応急措置」とは、被害者の居住地の100メートル以内への加害者の接近禁止と、通信禁止を警察が職権命令することだ。2021年10月から今年7月までに決められた「緊急応急措置」に加害者が違反した割合は11%だった。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国で急増するストーカー犯罪…通報は2年で6.5倍に
  • 韓国で急増するストーカー犯罪…通報は2年で6.5倍に

right

あわせて読みたい