中国の屈辱…「台湾」代表部を認めた小国リトアニアへの経済制裁を解除

「台北」ではなく「台湾」代表部を認めたリトアニアに経済報復…2年を経て撤回

中国の屈辱…「台湾」代表部を認めた小国リトアニアへの経済制裁を解除

 台湾との協力を強化した欧州国リトアニアに対して全方位的に加えられていた中国の経済制裁が、2年ぶりに解かれた。人口280万人の小国が14億の大国との神経戦で全く押されない様子を見せつけ、中国のプライドに少なからぬ傷を負わせたという評価がなされている。

【写真】2021年11月、リトアニアの首都ビリニュスに開設された台湾代表処

 ベルギーのブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)外相会議に出席したリトアニアのガブリエリウス・ランズベルギス外相は11月27日(現地時間)の記者会見で、中国がリトアニアに加えていた貿易制裁を解除したと明かした。ランズベルギス外相は「中国とリトアニアは交流再開のための話し合いを進めている」とし「貿易が完全に回復してはいないが、世界貿易機関(WTO)などによる外交的手続きに基づき、リトアニアに対する経済的圧迫措置の大部分は解除された」と述べた。中国税関の統計によると、今年10月までにリトアニアの対中輸出は前年同期比53%増の1億1000万ドル(現在のレートで約162億円)を記録し、回復傾向にある。中国国営の環球時報が「ハエを捕まえるように罰しなければならない」(2021年11月)とののしるほどリトアニアを目の敵にしていたが、2年を経て気勢は完全にそがれた格好だ。

 両国の対立は2年前に湧き起った。中国と国交を結んでいるほとんどの国は、台湾との非公式交流のために大使館の役割を果たす代表部を置き、通常は「台湾(Taiwan)」ではなく、首都の「台北(Taipei)」の名を付けている。台湾は自国の一部であるという中国の主張に考慮して、国名は使わないのだ。ところが2021年11月、リトアニアが首都ビリニュスに「駐リトアニア台湾代表部」を設立し、中国は激しく反発した。欧州の国々の中で「台北」ではなく「台湾」という名で代表部設立を承認したのはリトアニアが初めてだからだ。

 中国は「『一つの中国』原則を無視する、とんでもない行為で、この先起こるあらゆる結果についての責任はリトアニアにある」として報復を開始した。駐リトアニア大使を本国に召還し、リトアニアの駐中公館を代表処へ格下げした。中国税関はリトアニアを税関の電算システムの輸入対象国リストから削除した。両国間の技術交流・協力も中断した。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 中国の屈辱…「台湾」代表部を認めた小国リトアニアへの経済制裁を解除
  • 中国の屈辱…「台湾」代表部を認めた小国リトアニアへの経済制裁を解除

right

あわせて読みたい