「旅行先として最も魅力的な都市」でソウルが14位、トロントやウィーンを上回る…東京は

ユーロモニター調査…昨年の26位から12ランクアップ

 国際市場調査企業「ユーロモニター・インターナショナル」が調査し、毎年発表している「旅行先として最も魅力的な世界の都市100」というランキングで、ソウルが14位に入った。昨年の26位から今年は12ランクもアップした。

【グラフィック】「女性が1人で行ってはいけない国」1位コロンビア…「最も安全な国」はアイルランド

 このランキングで、フランスのパリは昨年に続き今年も1位だった。続く2位はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ、3位はスペインのマドリードだった。以下、日本の東京、オランダのアムステルダム、ドイツのベルリン、イタリアのローマ、米ニューヨーク、スペインのバルセロナ、英ロンドンが順に4-10位となった。

 東京とシンガポールに次いでアジアで3位のソウルは、大阪(16位)や香港(17位)などアジアのライバル都市はもちろん、オーストリアのウィーン(18位)、カナダのトロント(30位)、スイスのチューリッヒ(32位)など、世界の「住みやすい都市」最上位圏にランクインする都市を上回った。

 日本の東京が「トップ10」に名を連ねたのは今回が初めてだ。これについて、CNNでは同日、「東京は観光インフラ改善、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連規制の緩和、円安などで10位以内に入った」と分析した。

 ユーロモニターは毎年、データ専門企業ライトハウス(Lighthouse)に依頼し、57種のマトリックスを基に経済およびビジネス・パフォーマンス、観光パフォーマンス、観光インフラ、観光政策・魅力度、衛生・安全性、持続可能性という6つの調査基準で最も魅力的な100都市を選定する。調査項目ごとに順位を決め、これを総合してランキングを発表する。

イ・ヨンソン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲南山タワーから見たソウルの夜景。写真=イ・ヨンソン記者

right

あわせて読みたい