米作家から「世界で最も憂鬱な国」と評された韓国に本当に必要なことは「気にしない技術」【寄稿】

 「世界で最も憂鬱(ゆううつ)な国を旅行した」。「その『決断』がすべてを解決する」で知られる米国のベストセラー作家、マーク・マンソンが22日に自らのユーチューブに掲載した動画のタイトルだ。大韓民国は大きく発展したが、韓国人は常に不安を感じ、憂鬱で、自殺率も非常に高い。

【写真】「大切な相手以外の視線は気にしない」…前髪にカーラー姿の韓国人、米紙が注目

 マンソンによると、これは間違った文化の問題だという。韓国は儒教的集団主義のあしき習性である過度な羞恥心が支配し、他人を過大に判断し評価しながら家族主義と社会的親密度は薄い。これらは資本主義においても同じだ。韓国は派手な物質主義の影響を受けており、金もうけに没頭しているが、自己表現や個人主義は抑圧されている。儒教と資本主義の強みを生かせず、そのあしき部分だけが残る国になったのだ。

 この短く冷静な「1行の要約」はネットで公開されるとたちまち数十万のアクセスを記録し、大きな反響を呼び起こした。かつての日本による過酷な植民統治の後、韓国戦争と極度の貧困を経て過度な競争により最大の成果を出すしかなかった社会の雰囲気が定着し、それが韓国人を憂鬱にしてしまった。この論理は先週末「朝鮮日報」をはじめとする複数のメディアが紹介し、ユーチューブ以外でも大きな注目を集めた。

 実に興味深い話だが、一つ問題がある。それはこの指摘が事実でないという点だ。2021年の時点で韓国の自殺率は人口10万人当たり24.1人で、経済協力開発機構(OECD)加盟国で1位だった。10万人当たり18.5人のリトアニアに大差をつける圧倒的な1位だ。これは韓国特有のストレスと文化的な圧力が原因だろうか。そうではない。1位の韓国、2位のリトアニア、3位のスロベニアはいずれも高齢者貧困率が高く、それだけ高齢者の自殺率も高い。19年と20年の高齢者自殺率1位は韓国、2位スロベニア、3位リトアニアだった。統計的相関関係があまりに明確だ。

 OECD1位の自殺率は基本的に「高齢者の貧困問題」が原因だ。もちろん最近は若者の自殺率も急速に高まっており、メンタルヘルスの悪化も深刻な問題になっている。ただし「韓国の自殺問題」というテーマを語るときに、熾烈(しれつ)な入試競争や子供たちを苦しめる教育などに重点を置いてはならない。それは頭がかゆい時に足の裏をかくようなものだ。

 マンソンの動画を紹介したメディアの記事、さらにそのコメントやネットでの反応を見ると興味深い点が浮かび上がってくる。若い人たち、とりわけ女性たちが儒教的な発想に基づいて他人の目を気にして他人と比較しながら、同時に資本主義的な虚勢を張っているため、結果として出産率が一気に落ち込んだという指摘が多いことだ。しかしマンソンは少子化には言及していないし、韓国の少子化を「儒教と資本主義のあしき結合」とあえて説明する必要もない。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲米国の著名な作家でインフルエンサーのマーク・マンソンは「韓国のうつ病」について調べるため韓国を訪問した。/ユーチューブ

right

あわせて読みたい