韓国の知られざる禁韓エリア…韓国人お断り「外国人専用レストラン」とは

仁川・永宗島インスパイア・リゾートに外国人専用レストラン「迎仕軒」オープン
外国人カジノVIP客誘致のため中国・広東料理専門店…「高級アワビ料理提供」
京畿道ハンフリーズ基地・釜山シーメンズ・クラブも韓国人お断りレストラン

韓国の知られざる禁韓エリア…韓国人お断り「外国人専用レストラン」とは

 「犬と中国人はお断り

No dogs and Chinese allowed

狗與華人不得入内」

 1972年のブルース・リー主演香港映画『ドラゴン怒りの鉄拳』に出てくる言葉です。

【表】韓国にある外国人専用レストラン

 歴史の専門家たちはこの言葉について、1886年に開園した中国・上海の黄浦公園にあった看板に書かれていたものだと考えています。当時、英国・フランス・米国は半ば強制的に上海の中心地に租界を設けました。租界とは、開港都市に設けられた外国人居留地のことです。世界の列強国の人々はこの地域で治外法権を享受しました。

 もともとそこで暮らしていた地主の中国人たちは列強国の人々に土地を明け渡しました。看板に書かれていた通り、中国人は租界内の飲食店に入ることもできませんでした。

 21世紀の韓国にも、韓国の中にあるのに韓国人は入れない飲食店がいくつか存在しています。ある店は経営戦略を、またある店ではセキュリティーを理由に挙げています。「以前からそうしてきた」という歴史的背景を強調する店もあります。

 例えば、仁川・永宗島の「インスパイア・エンターテインメント・リゾート」は戦略的な観点から韓国の消費者を排除することにしました。

 同リゾートは「韓国版ラスベガス」をうたっています。米国のカジノ・リゾート運営企業モヒガンが北東アジア最大の複合リゾートを目標に昨年11月にオープンさせました。そして、今年1月23日には韓国観光協会中央会から5つ星ホテルと認定されました。

 それだけにグルメスポットが数多く並んでいます。同リゾートの関係者は「ヨーロッパとアジアで初めて出店されたマイケル・ジョーダンのステーキハウスから和食・中国料理・欧風料理・ビュッフェまで、スペシャルなグルメ旅行のような体験をご提供している」と話しています。

 このグルメスポットで最高の体験ができる店と言えば、中国南部・広東料理の専門店「迎仕軒」です。迎仕軒は、大規模なインスパイア・リゾートでたった一つしかないファイン・ダイニング(富裕層向け高級レストラン)です。同リゾートは迎仕軒を「正統広東式ファイン・ダイニング」と表現しています。

 しかし、韓国の消費者たちは迎仕軒の料理を味わうことができません。この店は外国人専用カジノの中にあります。インスパイア・リゾートでは設計段階から迎仕軒を通常の飲食店から離れた外国人専用カジノに設けました。

 インスパイア・リゾートの関係者は「韓国人のお客様は入れない。韓国人のお客様のためには『紅盤』という別の中国レストランがカジノの外にある」と話します。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国の知られざる禁韓エリア…韓国人お断り「外国人専用レストラン」とは
  • 韓国の知られざる禁韓エリア…韓国人お断り「外国人専用レストラン」とは

right

あわせて読みたい