ソウルの生計費、ロンドン・東京を上回る…「生活の質」は世界241都市中81位

世界的コンサルティング企業「マーサー」
世界の主要都市を調査し発表

 ソウル市の生計費が、世界227都市の中で16番目に高いことが分かった。一方、各都市の生活の質を評価する項目では、世界241都市の中で81位だった。世界的なコンサルティング企業、「マーサー(Mercer)」が18日に発表した。

【グラフィック】2023年世界各都市の生計費・生活環境ランキング

 マーサーは2023年、全世界の駐在員を対象に調査を実施。ソウルの生計費は英国ロンドン(17位)、隣国・日本の東京(19位)より高い水準だった。ソウルの住居費や交通費、食費、被服費など生活に掛かる費用が全般的に毎年上昇の一途をたどっており、もはや世界の名だたる主要都市を上回る水準になってしまったのだ。2020年には東京が3位でソウルは11位だったが、ここ数年の記録的な円安と相対的なソウルの物価上昇によって、両都市の生計費の順位が入れ替わった。

■ソウルは16番目に生計費が高い都市

 マーサーが毎年発表している生計費調査は、全世界の都市の住居費や交通費、食費、被服費など200項目の価格を米ドルに換算して総合的に比較したものだ。グローバル企業各社が社員を海外に派遣する際、手当を算定するための参考資料としても活用されている。

 マーサーの調査によると、昨年1年間で世界で生計費が最も掛かった都市は香港だった。2位はシンガポールだった。マーサーは「アジア圏の国が1、2位を占めた」と説明した。生計費の高い都市「トップ10」のうち4都市はスイスの都市だった。3位がチューリッヒ、4位がジュネーブ、5位がバーゼルだ。米ニューヨークは6位だった。デンマークのコペンハーゲンが9位、米ロサンゼルスが11位、中国の上海が12位、中国の北京は13位だった。

 ソウルは昨年より2つ順位を下げて16位となった。世界でも生計費が高いことで有名な香港とシンガポール、スイスと米ニューヨーク、デンマークなど一部の北欧国家を除けば、ソウルが最も生計費の高い都市だと言っても間違いではない状況だ。日本の東京(19位)だけでなく、欧米の主要都市よりも順位が高かった。ロンドン(17位)、ドバイ(18位)、ボストン(21位)、シカゴ(24位)、ウィーン(25位)、ヘルシンキ(34位)、パリ(35位)などだ。東京は円安の影響でここ数年の間に生計費の順位が下落し、2020年の3位から23年には19位へと大きく順位を落とした。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲イラスト=キム・ソンギュ
  • ソウルの生計費、ロンドン・東京を上回る…「生活の質」は世界241都市中81位

right

あわせて読みたい