金正男殺害:金正恩氏の極端な選択、背景に「血統コンプレックス」

金正男殺害:金正恩氏の極端な選択、背景に「血統コンプレックス」

 北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男、金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺は、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の命令によるものだった可能性が高い。韓国政府当局者は14日、「いくら政治的な影響力がないとはいっても、末端の工作部門が『白頭の血統(北朝鮮ロイヤルファミリーの血統)』を消すのは抵抗がある。理由ははっきりしないが、金正恩氏が金正男氏の暗殺を最終許可したはずだ」と述べた。その過程では、金正男氏に対し金正恩氏が感じてきた「血統コンプレックス」とライバル意識が大きく作用したとみられる。特に金正恩氏は韓米が「ポスト金正恩」に言及するたびに自分に取って代わる人物として挙げられる金正男氏の存在を嫌っていたとみられる。北朝鮮の政権内部にある反体制勢力が金正男氏と連携していた可能性もある。

 安全保障部門の関係者は「金正男氏は金日成(キム・イルソン)、金正日と続く金王朝の嫡子だ。金正日の庶子で正統性をめぐる強いコンプレックスを持つ金正恩氏としては目の上のたんこぶのような存在だった」と分析した。金正恩氏が潜在的なライバルを除去するために腹違いの兄を暗殺するという極端な選択を行ったとの見方だ。

 幹部出身の脱北者Aさんは「政権の座に就いて5年間、ずっと『血の統治』をしてきたにもかかわらず、金正恩氏にはまだ不安が垣間見える」と話した。

 金正恩氏が金正男氏に危害を加える可能性は、2009年初めに金正恩氏が金正日総書記の後継者に内定した直後から指摘されていた。当時金正日総書記は08年に脳卒中で倒れて回復して以降、後継問題に悩み、金正恩氏を後継者に指名した状態だった。ひとまず後継者争いで金正男氏は敗れた格好だったが、火種は残っているとの見方も多かった。北朝鮮消息筋は「金正男氏は金正日氏の視線から外れ、海外を転々とする身だったが、依然として北朝鮮政権ナンバー2と呼ばれた金敬姫(キム・ギョンヒ)氏(金正日氏の妹)、張成沢(チャン・ソンテク)氏(労働党行政部長)夫婦が後見人だった。北朝鮮内部には金正男氏に追従勢力が少なくなかった」と振り返った。

 この時期、金正男氏は日本のメディアなどのインタビューに対し、「父(金正日氏)の3代世襲には反対だった」「北朝鮮は今、先軍(軍事優先)政治をやるのではなく、改革開放に関心を持つべき時だ」などと後継者・金正恩氏を標的にした発言を相次いで行った。北朝鮮の偵察総局は10年、北京に滞在中の金正男氏を暗殺するために工作員を送ったが未遂に終わったとされる。外交筋は「中国当局は当時、『中国国内ではそんなことをするな』と警告した」と話した。

李竜洙(イ・ヨンス)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 金正男殺害:金正恩氏の極端な選択、背景に「血統コンプレックス」

right

関連ニュース