【コラム】認知症を患う95歳・重光武雄氏を法廷に立たせた韓国社会

【コラム】認知症を患う95歳・重光武雄氏を法廷に立たせた韓国社会

 「ここはどこなのか、ここにいる方々は誰なのか、誰が自分を起訴したのか」

 ソウル中央地裁の法廷に車椅子に乗って姿を見せたロッテグループの辛格浩(シン・ギョクホ)統括会長(日本名・重光武雄)は20日、自身が裁判を受けていること自体を認識できないような発言に及んだ。辛会長は「責任者は誰だ。自分を法廷に立たせる理由は何だ」とも述べた。つえを投げ、日本語を口にする場面もあった。

 辛格浩統括会長は同日、息子の辛東彬(シン・ドンビン)ロッテ会長(重光昭夫)、辛東主(シン・ドンジュ)SDJコーポレーション会長(重光宏之)、長女のシン・ヨンジャ氏、事実婚関係にあるソ・ミギョン氏ら家族とともに経営上の不正行為で起訴され、初公判に立った。判事が辛格浩統括会長に「裁判中であることが分かりますか」と尋ねるほど、裁判の進行は難航した。

 それは予見されていたことだった。辛格浩統括会長は95歳という高齢である上、認知症がかなり進んだ状態だ。辛格浩統括会長は権利行使を制限する「限定後見」をめぐる一審、二審の裁判で認知症という判定を受けていた。ロッテ関係者は「刑事訴訟法上、認知症でも裁判には出席しなければならない。辛格浩統括会長を認知症と認定した限定後見裁判は民事裁判だったため、刑事裁判には直接影響を与えない」と説明した。

 13万人の従業員と売上高90兆ウォン(9兆円)を誇る韓国5大企業の創業者であっても、罪があるならば裁判で処罰を受けるのは当然だ。しかし、認知症を患い、自分が置かれた状況すら認識できない辛格浩統括会長にとって、同日の公判は犯罪の有無を判断する裁判の場ではなく、認知症患者を公の場で追及し恥をかかせる場にすぎなかった。日本など高齢化先進国では認知症患者に対する配慮は人権問題として扱われる。

車学峯(チャ・ハクポン)産業1部長
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】認知症を患う95歳・重光武雄氏を法廷に立たせた韓国社会

right

関連ニュース