【コラム】文在寅大統領の任期中に起こり得る朝鮮半島有事

【コラム】文在寅大統領の任期中に起こり得る朝鮮半島有事

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は歴史に名を残す大統領になる可能性が高い。良い面でか悪い面でかは未知数だ。米情報機関は金正恩(キム・ジョンウン)氏が核弾頭の小型化に成功したと判断したという。レッドラインを越え、水が首の上まで迫った。もはや米国と北朝鮮は過去20年間のようにあいまいなままやり過ごすことはできない。どんな形であれ、結末を迎えるしかないとすれば、それは文大統領の任期中に起きるはずだ。それで「文在寅」という名前は歴史に残ることになる。どのように記録されるかという問題だけだ。

 事態の結末は破局または金正恩体制の崩壊、あるいはその中間の落とし所になるだろう。その渦中に文大統領はソウルに砲弾が降る中、全軍に戦闘を命じなければならない瞬間に直面する可能性があり、大韓民国の国民が北朝鮮の核に圧倒されて暮らす事態を招いた大統領になる可能性もある。最悪の場合、在韓米軍の撤退を見守る大統領になるかもしれない。金正恩氏はいずれ最終的な大規模核実験とミサイル弾頭の大気圏再進入実験を行うはずだ。「真実の瞬間」は既にドアの外で扉をノックしている。

 文大統領はわずか数カ月前、「大統領になったら、開城工業団地、金剛山観光を直ちに再開する」と述べていた。現在は「北朝鮮と対話を行うべき時ではなく、最大限圧力を加えるべき時だ」と語る。数カ月前には高高度防衛ミサイル(THAAD)を「危険物質」扱いしていたが、現在は臨時配備すると言っている。同一人物なのかと疑うほどだ。数カ月で姿勢が180度変わったのは文大統領と周辺人物が北朝鮮問題についてどれほど誤った考え、幻想を抱いていたかを示している。夢から覚めると、目の前に断崖絶壁があったようなものだろう。そうでなければ、軍事戦略の専門家が一人もいない大統領府(青瓦台)の安全保障室をつくりはしなかったはずだ。人間が予想も覚悟もしていないことに持ちこたえることは容易ではない。

楊相勲(ヤン・サンフン)記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】文在寅大統領の任期中に起こり得る朝鮮半島有事

right

関連ニュース