【萬物相】日の目を見ないまま閉鎖された北朝鮮人権財団事務所

【萬物相】日の目を見ないまま閉鎖された北朝鮮人権財団事務所

 1970年3月に初めて開催された東西ドイツ首脳会談において、西ドイツのブラント首相(当時)は「東西の自由な往来と人権の保障を実現した上での関係発展がわれわれの目的だ」と冒頭からくぎを刺した。ブラント首相は東ドイツとの良好な関係や交流を掲げるいわゆる「東方外交」を進める一方で、人権に関してはそれを「目的」であり「目標」と明言したのだ。1972年12月に東西ドイツ間で締結された基本条約にも当然のことながら「人権の保護」が項目として取り上げられていた。西ドイツは1983-84年に東ドイツに19億5000万マルク(約600億円)の借款を約束し、その一方で東ドイツに対し国境に設置した機関銃を撤去するよう要求した。これに対して韓国では金大中(キム・デジュン)大統領、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領、そして今の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の3人の進歩系(リベラル、左派)大統領はこれまで4回南北首脳会談を行ったが、その際「人権」や「自由」という言葉は1回も使わず口にもしなかった。西ドイツとは対照的だ。

 韓国統一研究院が発行した『北朝鮮人権白書』(2018年度版)には脱北者の証言として「2017年2月、北朝鮮の黄海南道で韓国のテレビ番組の録画を視聴し広めた容疑で20人以上の住民が銃殺された」「2012年12月、黄海南道の朝鮮人民軍第4軍団の作戦部長が『強盛大国などいつになったら実現するのか』と述べたことを理由に銃殺された」「南韓(韓国)の家族と電話で話した住民たちが次々と政治犯収容所に送り込まれた」などの記載がある。これらは脱北者団体の一方的な主張ではない。今や北朝鮮は「社会主義封建制」を経て「社会主義奴隷制」の段階に到達したとまで言われるようになった。

アン・ヨンヒョン論説委員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【萬物相】日の目を見ないまま閉鎖された北朝鮮人権財団事務所

right

関連ニュース