MeToo:安熙正氏の妻が恐怖体験を証言「朝4時、夫婦の寝室に秘書が…」

MeToo:安熙正氏の妻が恐怖体験を証言「朝4時、夫婦の寝室に秘書が…」

 随行秘書キム・ジウン氏(33)に対して性的暴行を振るったとして起訴された安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事の妻ミン・ジュウォン氏=写真=が13日、法廷で「昨年8月早朝4時、キム・ジウン氏が夫婦の寝室に入ってきて、3-4分とどまっていた」と証言した。そして、「(キム・ジウン氏が)夫のことが好きだというのは以前から知っていたが、その日は危険だと思った」と語った。

 ソウル西部地裁で行われた公判で、ミン・ジュウォン氏は安前知事側の証人として出廷した。証人席に立った同氏は、昨年8月にあった出来事から話した。安前知事夫妻は当時、駐韓中国大使夫妻を1泊2日の日程で忠清南道保寧市竹島のコンドミニアムに招待、双方の随行員が同行した。ミン・ジュウォン氏によると、宿泊施設は安前知事夫妻が2階、キム・ジウン氏が1階に泊まるメゾネットタイプだったという。ミン・ジュウォン氏は「木の階段がきしむ音で目が覚めた。キム・ジウン氏が寝室のドアをそっと開け、つま先で歩く音がした。薄目で見たら、キム・ジウン氏が3-4分ほど足元に立っていた」と語った。目を覚ました安前知事が「ジウン、どうしたんだ?」と聞くと、キム・ジウン氏は急いで寝室を去ったというのがミン・ジュウォン氏の主張だ。携帯電話で確認したところ、時刻は午前4時5分だったとのことだ。

 ミン・ジュウォン氏は「翌日、夫に『(キム・ジウン氏は)あなたを危険に陥れる人だから用心して』と言った。その後、キム・ジウン氏は『酔って間違って入ってしまった。申し訳ない』と謝罪した」と語った。この主張に対し、安前知事の弁護人が「キム・ジウン氏は『夫婦の寝室に入ったことはない。部屋のドアの前の階段にしゃがんでいた』と言った」と述べると、ミン・ジュウォン氏は「明らかなうそだ。キム・ジウン氏は一方的に夫のことが好きなのだと思ったが、公的業務遂行のため私がどうこうすることもできず、数月間不快に思っていることを隠していた」と語った。

ヤン・ウンギョン記者 , パク・サンヒョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • MeToo:安熙正氏の妻が恐怖体験を証言「朝4時、夫婦の寝室に秘書が…」

right

関連ニュース