レーダー照射:安倍首相の挑発に韓国軍も映像で反撃

レーダー照射:安倍首相の挑発に韓国軍も映像で反撃

「安保協力国」同士で大ゲンカ

 韓国国防部(省に相当)が4日、日本の自衛隊哨戒機レーダー照射問題と関連、日本側の主張に強く反論して弁明を求める映像を公開した。軍事当局間の確執を水面下で調整すべき両国の最高指導部が真っ向から対立してエスカレートし、確執がさらに深まっている状況だ。日本は韓国側の見解に連日反論してきたが、この日はひとまず態度を保留した。

■悲壮なBGM流れる4分26秒間の映像

 国防部が同日、動画共有サイト「ユーチューブ」の公式アカウントで公開した4分26秒間の韓国語版映像は、先月20日に韓国海軍駆逐艦「広開土大王」に日本の海上自衛隊哨戒機P-1が接近した際、日本の主張とは違って韓国駆逐艦が追跡レーダー(STIR-180)を照射しておらず、むしろ日本の哨戒機の方が威嚇飛行をしたとの主張になっている。

 この映像の最初の画面で、国防部は悲壮なBGMを流し、「日本は人道主義的な救助作戦の妨害行為を謝罪し、事実の歪曲(わいきょく)を即刻中止せよ」と要求している。そして、韓国海洋警察庁の警備艦サムボン号が撮影した、日本のP-1哨戒機が低空接近する様子を初公開し、日本の主張にテロップで一つ一つ反論した。国防部は「日本の哨戒機はなぜ人道的救助作戦現場で低空威嚇飛行をしたのか」「日本側が主張する追跡レーダー(照射)の証拠があるなら、両国の実務協議で提示せよ」というテロップも入れた。国防部は今後、英語など各国言語に翻訳した映像を追加掲載する予定だとしている。

ユ・ヨンウォン軍事専門記者 , 東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • レーダー照射:安倍首相の挑発に韓国軍も映像で反撃
  • レーダー照射:安倍首相の挑発に韓国軍も映像で反撃

right

関連ニュース