【萬物相】金メダリスト沈錫希が体験した地獄

【萬物相】金メダリスト沈錫希が体験した地獄

 昨日ある知人がショートトラック韓国代表の沈錫希(シム・ソクヒ)選手の写真をSNS(会員制交流サイト)に投稿した。2014年のソチ冬季オリンピックで金メダルを獲得した時の写真で、沈選手は韓国代表のユニホームを着て金メダルを首に掛けていた。当時まだ女子高生で黒縁眼鏡を掛け、恥ずかしそうに笑顔も見せていた。ニキビも幾つかあった。「こんなにかわいらしい子になんということを」とその知人は嘆いた。「沈錫希選手に対する性的暴行事件」が大きく報じられた影響で、検索サイトのランキングでもその名前は常に上位に入っている。沈選手がスケートを始めたのは8歳の時だ。「幼い心が出口のないところにずっと捕らえられていた」という嘆きのコメントもあった。

 沈選手の弁護士は一昨日、事件の全容を公表した。それによると「(沈選手は)およそ4年にわたり韓国代表チームのチョ・ジェボム元コーチから常習的な性的暴行を受けていた」という。4年ということは沈選手が17歳の時、つまりソチ・オリンピックの前から昨年の平昌オリンピック直前までだ。チョ元コーチはこれを強く否定した。チョ元コーチは沈選手に対して常習的に暴行を加えた容疑で昨年9月に懲役10カ月の宣告を受け服役中だ。今回暴露された性的暴行は国が管理する泰陵選手村や鎮川選手村、韓国体育大学のスケート場などあらゆる場所で行われていたという。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【萬物相】金メダリスト沈錫希が体験した地獄

right

関連ニュース