【萬物相】日本から北朝鮮に運ばれた戦略物資

【萬物相】日本から北朝鮮に運ばれた戦略物資

 過去に北朝鮮のスパイたちは日本製の装備を必需品のように使っていた。1970年の安眠島スパイ射殺事件で北朝鮮のスパイは日本製のモーターボートを使い、1996年の江陵浸透事件でもスパイが使っていた酸素ボンベ、水泳用フィン、無線機、暗視鏡、望遠レンズなどは全て日本製だった。かつてスパイだったある捜査官は「北朝鮮スパイが浸透に使用する通信機器や偵察用の機械など、精密機器はほぼ日本製と見て間違いない」と語っていた。

 2000年代に入ると日本の警察は朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)に対して集中的に捜査を行った。朝鮮総連の下部組織である「在日朝鮮人科学技術協会」が1980年代から日本の先端技術を奪い、北朝鮮のミサイル開発に利用したとの疑惑が表面化したからだ。実際にこの団体から押収した資料には、日本における誘導弾に関する情報があったという。2006年に北朝鮮が発射した長距離ミサイル「テポドン2号」について、韓国、米国、日本の情報当局は日本の電子部品や技術がかなり多く使用されていたことを把握していた。ミサイルの方向調整に使用されるジャイロスコープやエンコーダーなどの計測機器も日本製で、エンジンや誘導装置にも日本の技術が利用されたとみられている。その当時ある脱北者は「北朝鮮ミサイルに使用される部品のほとんどが万景峰号によって日本から持ち込まれた」と証言した。万景峰号は日本人拉致問題が表面化した2000年代の中頃まで日本から戦略物資を元山まで運び続けた。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【萬物相】日本から北朝鮮に運ばれた戦略物資

right

関連ニュース