【コラム】シリコンバレーから見た韓国

【コラム】シリコンバレーから見た韓国

 米シリコンバレーに来て5カ月がたった。ここで取材していて最も感じるのは「焦り」だ。疾走するシリコンバレー企業を現場で見ていて、そう思わずにはいられない。彼らに「6カ月後の計画は何か」と尋ねると、「そんな遠い未来のことは分からない」と言われておしまいだ。韓国の新産業は既得権と細かい規制にとらわれ、数年を無駄にするが、ここの企業は前だけを見据えてひた走る。韓国のカーシェアリングが数年間前進せずにいると話すと、表面的には「それはいけませんね」と言うが、内心では笑っている。

 サンフランシスコに本社を置くウーバーは2009年に創業してから12年目の企業だ。世界700都市でカーシェアリングサービスを提供している。これまでにおびただしい交通・顧客データを蓄積できた。既に自家用車だけでなく、電動スクーター、電動自転車、ヘリコプターまで提供している。ヘリコプターならばニューヨークの都心から空港までわずか8分だ。技術が人間の暮らしを急速に変えている。最近はバス、地下鉄、列車などの公共交通機関とも連動を開始した。ソウルから釜山まで向かう際、自宅からウーバーを利用し、列車、バスを乗り継ぎ、最後の電気自転車に至るまで一貫した輸送サービスを提供する。ウーバーのアプリさえあれば、あらゆる移動が可能なのだ。既に世界各都市と協業を進めている。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】シリコンバレーから見た韓国

right

関連ニュース