【社説】「お前、死にたいのか」 ヤクザ式の脱原発脅迫の震源は長官ではなく青瓦台

【社説】「お前、死にたいのか」 ヤクザ式の脱原発脅迫の震源は長官ではなく青瓦台

 2018年4月、白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官(当時)は、月城原子力発電所1号機を2年半継続稼働すると報告した原発課長に「お前、死にたいのか」と言い、「即時稼働中断」という内容に報告書を書き直させたという。産業通商資源部の実務担当者はその段階まで、韓国水力原子力(韓水原)の理事会(取締役会)が月城原発1号機の早期閉鎖を議決しても、原子力安全委員会の永久停止許可が出るまで2年半程度は稼働を継続するという意見を持っていた。原発局長は同年3月15日、2年半の追加稼働計画を白元長官と当時の青瓦台秘書官に報告までしていたという。しかし、白元長官は4月3日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「月城原発1号機の稼働中断はいつ決定するのか」と質問したと伝え聞き、原発課長に「お前、死にたいのか」という暴言まで吐き、計画を変えさせたというのだ。

 「お前、死にたいのか」という叱責はまるでヤクザの中堅幹部が部下に対し、「ボスの支持に従わなければ、お前も俺も死ぬぞ」と怒鳴りつける場面を見ているようだ。原発課長は監査院に対し、「とても侮辱されたと感じた」と証言した。原発課長はそう感じながらも、長官が指示した通りに韓水原の本部長を呼び出し、「月城原発1号機をわずかでも再稼働してはならない」と通告した。原発課長は会計法人の関係者を呼び出した際にも、「はっきり言って、政府が原発を稼働させなければ、利用率が上がることはないではないか。月城原発1号機の将来の利用率は30-40%にしかならないはずだ」と強引な物言いで経済性評価をねじ曲げるように圧力をかけた。

■「世界で最も住みやすい国」2020年版発表、韓国17位、日本は?

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【社説】「お前、死にたいのか」 ヤクザ式の脱原発脅迫の震源は長官ではなく青瓦台

right

関連ニュース
あわせて読みたい