【社説】中国主導のRCEPに加入、米国中心のTPPにも加入すべき

【社説】中国主導のRCEPに加入、米国中心のTPPにも加入すべき

 韓国が15日、中国が主導する世界最大の自由貿易協定(FTA)である「東アジア地域包括的経済連携(RCEP、アールセップ)」加入に署名した。韓中日や東南アジア諸国連合(ASEAN)など15カ国が参加し、全世界の人口および国内総生産(GDP)の30%を占める「メガFTA」に参加したのだ。RCEPは関税障壁を崩し、原産地基準も統合して、域内通商を活性化させることを目標としている。貿易で成り立っている韓国としては経済領土を広げる機会であると同時に、これまでにはなかった新たな挑戦でもある。

 時期は微妙だ。RCEPは初期にASEANが乗り出したが、今では中国が事実上、主導している。ところが、米大統領選で当選を確実にしたバイデン氏は「アジアやヨーロッパの友人たちと21世紀の貿易ルールを作って中国に対抗する」と公言した。事実、バイデン氏はオバマ大統領時代に副大統領として推進した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰に積極的だ。オバマ前大統領は米日豪などが参加するTPPで地域経済と共同体をまとめ、中国をけん制しようとしたが、トランプ大統領は孤立主義を掲げて脱退した。同盟と多国間主義を強調するバイデン氏の通商政策とRCEPは衝突する可能性がある。

■世界競争力ランキング10位は米国、中国20位、韓国23位、日本は?

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【社説】中国主導のRCEPに加入、米国中心のTPPにも加入すべき

right

関連ニュース
あわせて読みたい