世宗大王がなぜ中国のギョーザを…反中感情に火をつけたドラマ

SBS『朝鮮退魔師』歴史歪曲疑惑で視聴者の抗議殺到

CMも中止危機…来週の放送は休止へ

 ドラマで露骨に中国風の小道具や衣装を使ったSBS月火ドラマ『朝鮮退魔師』が、来週予定されていた次回放送を全面中止し、問題のシーンを削除した後に放送されることになった。視聴者の不満が高まっていることに加え、サムスン電子など主なCMスポンサーの間でCM撤回の動きまで起こっていることから、特段の措置を取ったものだ。いわゆる「キムチ工程」「韓服工程」など国のアイデンティティーを歪曲(わいきょく)しようという一部中国人たちの動きや、現政権が見せている中国に対する低姿勢ぶりなど、積もり積もった不満が爆発したとの見方もある。SBSは24日、謝罪文を出した。

 このドラマは、悪霊を追い払うため、中国・明(みん)の国を通じ、西域の退魔師を朝鮮に迎え入れるという設定だ。しかし、22日に放送された第1話の宴会シーンで、月餅(げっぺい)、皮蛋(ピータン)、中国式ギョーザなどを食卓に載せたほか、劇中の衣装や軍師たちが使う剣まで中国風だと騒動になった。また、将来の王となる忠寧大君(後の世宗大王)が屏風のように宴会場の片隅に立ち、使者を迎えるシーンも不快だという指摘がある。

 現在放送されているtvNドラマ『ヴィンチェンツォ』が中国のビビンバを劇中の広告用小道具(PPL)として使用、視聴者たちの反発を買ったのに続き、中国のあるキムチ工場で裸の作業員が白菜を漬ける動画がネット上で拡散するなど、反中感情が積もり積もっている中、このドラマがまた火をつけた形だ。

■韓国が信頼できる国1位は米国、警戒すべき国は?

シン・ドンフン記者 , チェ・ジェウ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲22日、SBSドラマ『朝鮮退魔師』第1話で放送された宴会シーンで、月餅(げっぺい)など中国風の料理が並ぶ食卓が物議を醸した。写真=SBS

right

関連ニュース
あわせて読みたい