日本製品は買わないって? ゴルフウエアは別の話…パーリーゲイツ、韓国市場で過去最高の売り上げ

日本製品は買わないって? ゴルフウエアは別の話…パーリーゲイツ、韓国市場で過去最高の売り上げ

 ゴルフを始めて6カ月になる30代の会社員キム・ギュホさんは「セントアンドリュース」「マーク&ロナ」など日本ブランドのゴルフウエアを主に購入している。キムさんは「スコア100程度の初歩ゴルファーは機能に集中したゴルフウエアの購入をためらってしまうが、日本ブランドのゴルフウエアはカジュアルウエアとして着てもよいほどだ。(日本ブランドの)ユニクロの服はあまり買わないが、ゴルフウエアはやめられない」と話した。

 カジュアルなデザインを掲げる日本のゴルフウエアブランドが韓国市場で急速に成長している。2019年7月に日本の輸出規制をきっかけとして起きた「日本製品不買運動」の影響で、日本のファッションブランドであるユニクロが店舗50カ所以上を閉鎖し、日本の化粧品ブランドDHCは今月、韓国から撤退したのとは対照的だ。

 流通業界によると、日本のゴルフウエアブランド「セントアンドリュース」は韓国進出3年目の今年、過去最高の売り上げを記録する見通しだ。今年上半期だけで120億8090万ウォン(約11億3500万円)を売り上げ、昨年通年実績を上回った。昨年上半期の売り上げ(28億ウォン)と比べると4.2倍の伸びだ。セントアンドリュース関係者は「Tシャツ1枚が25万ウォンを超える高価格にもかかわらず、買い求める客が増え続けている」と話した。

 2009年に韓国に進出した日本のゴルフウエアブランド「パーリーゲイツ」も今年、過去最高の売り上げが予想される。今年上半期だけで535億ウォンを売り上げ、前年同期に比べ24%以上成長した。パーリーゲイツのプレミアムブランドとして分離した「マスターバニーエディション」は今年上半期に前年比で2.6倍の92億8000万ウォンを売り上げた。

■韓国人が好きな国1位は米国、日本は?

ペ・ドンジュ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 日本製品は買わないって? ゴルフウエアは別の話…パーリーゲイツ、韓国市場で過去最高の売り上げ

right

関連ニュース
あわせて読みたい