平昌五輪1000m決勝で転倒チェ・ミンジョン「沈錫希の『故意衝突』疑惑、真相を明らかにしてほしい」

大韓体育会・大韓スケート競技連盟に調査要求
「沈錫希とコーチのやり取りにあったのと同じ状況が実際の試合で生じた」

 ショートトラック韓国代表選手チェ・ミンジョン(23)=城南市庁=のマネジメント会社「オール・ザット・スポーツ」は「11日に大韓体育会と大韓スケート競技連盟に公文書を送り、沈錫希(シム・ソクヒ、24)=ソウル市庁=との2018年平昌冬季五輪ショートトラック女子1000メートル決勝での衝突疑惑について、真相調査を要求した」と12日、明らかにした。

 これは、芸能メディア「ディスパッチ」が8日、平昌五輪時に沈錫希とA韓国代表コーチが交わしたメッセージ・アプリのやり取りを公開したことに端を発するものだ。沈錫希が同じ韓国代表選手のチェ・ミンジョンらを侮辱したり、故意に試合を妨害したりしたという疑惑を招きかねない内容があったためだ。Aコーチが「何かして駄目そうなら、女子の『ブラッドバリー』を作らなきゃ」と書き、沈錫希は「うん、うん」と答えた部分だ。スティーブン・ブラッドバリー=オーストラリア=は2002年ソルトレークシティ冬季五輪ショートトラック男子1000メートルで、トップ争いをしていた選手たちが接触して一斉に転倒したために、金メダルを手にした。沈錫希はこのやり取りの後に行われた女子1000メートル決勝で最後の1周を前に4位につけ、3位のアリアンナ・フォンタナ=イタリア=をアウトコースから追い抜こうとした。この時、5位だったチェ・ミンジョンもアウトコースをさらに大きく回って追い越そうとした。沈錫希とチェ・ミンジョンはコーナーで衝突し、2人とも転倒した。沈錫希はフォンタナの走行妨害で失格となり、チェ・ミンジョンは4位に終わった。試合後、Aコーチは沈錫希に「でもスッキリしただろ。最高だった」「オッパ(Aコーチ自身のこと)が審判だったらチェ・ミンジョンが失格だ」というメッセージを送り、沈錫希は「フフ」と返信した。

■「世界で最も住みやすい国」2020年版発表、韓国17位、日本は?

ソン・ウォンヒョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲2018年平昌冬季五輪ショートトラック女子1000メートル決勝で、チェ・ミンジョン=左の写真の一番右=が沈錫希の横をアウトコースから追い越そうとしたところで衝突・転倒した場面。右の写真は試合直後、沈錫希がチェ・ミンジョンに謝罪している様子。写真=オ・ジョンチャン記者

right

関連ニュース
あわせて読みたい