駐米韓国大使「クアッド4か国は加盟国拡大の考えない」

クアッドへの参加について「餅を与える側の人間(クアッド)はそんなこと(韓国の参加を)考えてもいない」
朴振(パク・チン)議員「消極的な思考から脱皮すべきだ」

 イ・スヒョク駐米韓国大使は13日(現地時間)、米ワシントンの韓国大使館で開催された国会外交統一委員会の国政監査で「クアッドは当分の間は参加国を増やす考えがないことを確認した」と答弁した。これは保守系野党・国民の力の朴振(パク・チン)議員が「韓国政府は米国から、米国・日本・オーストラリア・インドの4カ国連合体『クアッド(Quad)』への参加について公式・非公式に提案を受けたことはあるのか」との質問に答えたもの。イ大使は「韓国がクアッドに参加するかどうかという問題は『餅を与える側の人間は与えるつもりなどないのに(捕らぬたぬきの皮算用に相当)』ということわざが当てはまりそうだ」との見方も示した。

 クアッドはインド・太平洋地域で高まる中国の影響力に対抗する安全保障協力体だ。「中国との競争に集中」をアフガニスタン撤収の大義名分としているバイデン大統領が特に強硬な姿勢を示している。韓国は現時点でクアッドには参加していない。

 イ大使は「米国政府高官からクアッドに関する説明を随時受けている」としながらも「ただしクアッドに入る問題はわが国が希望したから実現するわけではなく、クアッド側との合意が必要な問題だ」と説明した。イ大使は先月、ワシントンで開催されたクアッド首脳会議について「米国から会議の内容について説明を受けた」とした上で「クアッドは(会議で)当分の間は規模を拡大しない方向(で意見交換したこと)を確認した」と述べた。

■世界最高の国ランキング7位は米国、韓国は20位、日本は?

ワシントン=イ・ミンソク特派員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【写真】ワシントンの韓国大使館で開催された国会外交委員会国政監査に臨むイ・スヒョク駐米韓国大使。13日(現地時間)撮影。/NEWSIS

right

関連ニュース
あわせて読みたい