中国が加入申請したから? 韓国政府「CPTPP加入申請、決定が近づいた」

8年続いた曖昧な態度がなぜ突然変わったのか

中国が加入申請したから? 韓国政府「CPTPP加入申請、決定が近づいた」

 韓国政府が「環太平洋連携に関する包括的および先進的な協定(CPTPP)への加入申請の決定が近づいた」と明らかにした。CPTPPの前身であるTPPへの加入を2013年に検討し始めてからすでに8年が過ぎた。韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部(省に相当、以下同じ)長官は18日「もう時間がない。決定は最終段階だ。『加入する、しない、するならいつする』までを含む決定は10月末か11月初めには出さねばならない」と述べた。

 韓国政府は今月25日に予定されている対外経済長官会議でこの問題について検討する予定だ。韓国政府内の雰囲気は加入申請の方向に流れている。洪副首相は「企画財政部長官としては加入申請をすべきと考えている。ただし産業通商資源部、農林畜産食品部、外交部、国家安全保障会議(NSC)に至るまで調整が必要な問題だ」とコメントした。

■世界のGDPの13%を占める巨大FTA

 CPTPPは世界最大規模の経済ブロックを目指す環太平洋連携協定(TPP)から米国のトランプ政権が離脱したことを受け、2018年に日本を中心とするオーストラリアやメキシコなどの11カ国が発足させた経済協力体だ。加盟国の国内総生産(GDP)を全て合わせると世界GDPの13%、貿易規模は15%に達する。

 これまで韓国政府は「米国が抜けた経済協力体には積極的に参加する理由が相対的に小さい」「CPTPPの実質的な中心である日本との関係が悪化している」などの理由で加入は難しいと考えてきたため、決定を先送りしてきた。昨年末に中国中心の東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に加入したこととは対照的だ。当時、韓国政府はCPTPPへの加入については留保的な態度を示していた。

■国力ランキング世界1位は米国、韓国8位…日本は?

前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 中国が加入申請したから? 韓国政府「CPTPP加入申請、決定が近づいた」

right

関連ニュース
あわせて読みたい