老父母を頼って暮らす韓国40代ニート族20万人

老父母を頼って暮らす韓国40代ニート族20万人

 京畿道富川市のあるマンションで70代の老父母と共に暮らしている42歳のAさんは、無職の状態が長く続いている。名門大学を卒業し、国家試験に挑戦するも失敗。36歳以降はひたすら家にこもり続けている。Aさんの妹さんは「どんなに家族が声を掛けても働こうとする思い自体がない。このまま老いて死ぬまで無職の状態が続くのではないかと思うと気が気でない」とため息をもらす。

 Aさんのような中年ニート(NEET)が昨年20万人に上っていたことが分かった。韓国労働研究院のナム・ジェリャン・シニア研究委員が最近労働パネル学術調査を通じて発表した「青年ニートと中年ニートに対する研究」と題する報告書によると、昨年40代のニートは19万5000人に上っていたことが分かった。ニートはもともと15-34歳の就業人口のうち、未婚ながら学校に通わず、家事も行わない青年失業者を称する単語だった。ナム研究委員は今回の報告書で統計庁の経済活動人口調査と韓国労働パネル調査における18年分の資料を分析し、ニートの概念を中年層にまで拡大して研究した。

 ニートを年齢層別に見ると、人数は20代が最も多かったが、増加率は30代、40代と高齢化するほど拡大した。20代のニートは2000年の31万8000人から昨年は77万7000人と増加率は144.3%となった。同期間で30代のニートは6万8000人から30万5000人と増加率は348.5%だった。

 ナム研究委員が中年ニートと分類した40代のニートは、これを上回る増加率を見せた。2000年には40代のニートは3万3000人とごく少数にすぎなかった。しかし、昨年は19万5000人と18年間で500%近くにも膨らんだ。ナム研究委員は「活発な経済活動を行うべき40代の時期に20万人近い人口が働き口さえ探すことなくニートとして過ごしているという事実は、非常にショッキング」と話した。

シン・スジ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 老父母を頼って暮らす韓国40代ニート族20万人

right

あわせて読みたい