ビットコイン暴落、韓国ではショックで年休取って寝込む会社員も

ビットコイン暴落、韓国ではショックで年休取って寝込む会社員も

 20日正午、ソウル市江南区の宣陵駅で会った入社2年目の会社員Kさん(27)は、午前中ずっとオフィスで他の社員の顔色をうかがいながら、ようやくランチタイムで出てきたと話した。前日にビットコインをはじめとする主な仮想通貨が一時30%以上暴落した「ブラックウエンズデー」のせいだった。ビットコインは2018年にも中国政府による徹底した規制のせいで1カ月間に4分の1になる大暴落を経験した。Kさんは「仮想通貨に投資する同僚6人のうち2人がきょうは突然年休と半休を取って出てこなかった」「8000万ウォン(約770万円)を投資したチーム長が出勤すると、『いつでも勝手に年休を取るな』と八つ当たりのような説教をした」と話した。Kさんは「自分も100万ウォン程度を突っ込んで、50%損をして、午前1時半すぎに寝たが、午前中はずっとチーム長と同僚の顔色をうかがい、いまようやく一息ついた」と漏らした。忠清北道の公共機関に勤務するLさん(30)も「普段は同僚と食事したり、コーヒーを飲んだりしながら、仮想通貨投資の話をするが、きょうは皆が静かで、沈み込んだ雰囲気だったので、一人で昼食を取りに出てきた」と語った。

 仮想通貨が大暴落した翌日の20日、オフィス街は投資資金を失った会社員たちで葬式ムードだった。就職情報ポータルサイト、サラミンが会社員1855人を調べたところ、仮想通貨に投資している会社員は全体の40%に達していた。その中心は新入社員から課長級の20-30代だ。何とか就職はできたが、マイホーム購入どころか、賃貸物件の保証金を工面するのにも苦しんでいる世代だ。1-3月の韓国4大仮想通貨取引所の新規加入者は67%が20-30代だった。

■2020年世界幸福度ランキングで韓国61位…最も幸せな国は?

チョ・ユジン記者 , キム・テジュ記者 , イ・ヨングァン記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ビットコイン暴落、韓国ではショックで年休取って寝込む会社員も

right

あわせて読みたい