バス上部のCNGタンクと街路樹が緩衝材に…前方の乗客8人「九死に一生」 /光州

最後部の座席に座っていた60代女性、降車ボタン押し移動して命拾い

バス上部のCNGタンクと街路樹が緩衝材に…前方の乗客8人「九死に一生」 /光州

 9日午後4時22分ごろ、光州市東区鶴洞再開発地区前のバス停。54番の市内バスがこの停留所でまもなく停車するという時に、バス最後部の座席に座っていたキムさん(66)=女性=が降車ボタンを押した。キムさんがバスの中程にある降車口に向かって移動した瞬間、ごう音と共にバスの天井が抜け落ちた。5階建てビルが道路側に倒壊し、大量のコンクリート塊や鉄筋などのがれきがバスを襲ったため、高さ3.3メートルのバスはグシャグシャに押しつぶされた。

 キムさんは頭を数カ所切り、脚の関節が外れる重傷を負ったが、命はとりとめた。周囲には身動きできるスペースがあったという。夫のパクさん(60)は10日、本紙の電話取材に「妻が後部座席に座っていたら助からなかっただろう」と語った。

 乗客9人が死亡、8人が負傷した「光州54番バス事故」で、乗客の生死を分けたのは座席の位置だった。事故に遭った市内バスは2015年式CNG(圧縮天然ガス)バスで、座席に座れる定員は24名だ。事故当時は運転手を含め、車内に17人が散らばって乗車していた。

 このバスは地面と床が近い低床バスで、CNG燃料タンク7本が車体の屋根の上に取り付けられていた。燃料タンクは黄色いカバーで覆われていて、長さ11メートルあるバスの前部約5メートルを占めている。ガスボンベ1本あたりの重さが200キログラムあり、合計1.4トンの荷重に耐えられるよう、バス前部の天井は強化された材料で作られている。倒壊したビルのがれきはバス全体を覆ったが、生存者8人が全員、バス前部と中間部から救出されたのはこのためだ。一方、死者9人は全員、後部座席で発見された。また、街路樹がバスの前部から中間部にかけて倒れており、とてつもない量のがれきの重さに対してある程度緩衝材のような役割をしたことも、前方の乗客の生存率が高かった一因と見られる。

■「世界で最も住みやすい国」2020年版発表、韓国17位、米国28位、日本は?

チョ・ホンボク記者 , キム・ミンギ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • バス上部のCNGタンクと街路樹が緩衝材に…前方の乗客8人「九死に一生」 /光州
  • バス上部のCNGタンクと街路樹が緩衝材に…前方の乗客8人「九死に一生」 /光州

right

関連ニュース
あわせて読みたい