「かわいらしいラリー、女子バレーのようだ」 韓国KBSの男子バレー解説が物議

 韓国KBS系列のケーブルテレビ局「KBS N」のシン・スンジュン・アナウンサーと、そのスポーツ専門チャンネル「KBS N SPORTS」のバレーボール解説者キム・セジン氏が女子バレーボールをバカにするような発言をし、バレーボール・ファンたちから抗議を受けている。

 問題となった発言は、14日に京畿道議政府体育館で行われた「2021議政府・トドゥラム杯プロ・バレーボール大会」の現代キャピタル対韓国電力戦で飛び出した。

 この放送で、長いラリーの末、韓国電力の選手が得点すると、キム・セジン氏は「凡ミスを減らそうという意図だと思うが、ちょっとかつての女子バレーボールを見ているようなそんな感じです」と言った。

 続いて、シン・スンジュン・アナウンサーが笑いながら、「そうですね。かわいらしいラリーが1回行われました」と言った。

 「女子バレーボールを見ているような」「かわいらしい」という発言をめぐって、一部のバレーボール・ファンたちの間からは「キム・セジン氏とシン・スンジュン・アナウンサーは女子バレーボールをバカにしている」という批判が出た。

 バレーボール・ファンたちがさらに激怒しているのは、12日に放送されたKBS第1『ドキュインサイド-ドキュメンタリー国家代表』(以下、『国家代表』)に出てきた資料画面のためだ。この放送では、かつて女性アスリートたちの実力よりも性別・外見を浮き彫りにした解説者たちの発言が公開された。

■2021年男女平等指数1位はアイスランド、韓国102位…日本は?

キム・ソジョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
あわせて読みたい