「土着倭寇の烙印を押して知日を妨げる韓国、日本のように没落する」(第1回)

「光復77周年」インタビュー…イ・チャンミン韓国外大教授

 韓国と日本の経済逆転のニュースが相次いでいる。韓国の国民1人当たりの国民所得は間もなく日本を超越し、昨年の平均賃金と購買力を基準とした1人当たりの国民所得では既に韓国が日本を上回っていたという報道が最近立て続けに行われた。

 サムスン電子(世界25位、2991億ドル=現在のレートで約39兆8200億円。以下同じ)は時価総額で日本最大のトヨタ自動車(世界39位、2110億ドル=約28兆1000億円)をとっくに追い抜いている。野口悠紀雄・一橋大学名誉教授は「G7(先進7カ国)から日本が脱落し、韓国が加えられるだろう」と主張した。

 解放から77年を経て、韓国人は「経済克日」に成功したのだろうか? もしそうなら、韓国はもはや日本に学ぶところはないのか? 「先進国になった韓国」にとって、日本は今やどのような存在なのだろうか?

 こうした疑問を抱いて、記者は韓国国内の40代の新鋭日本研究者と会った。2004年に渡日して東京大学で経済学の博士号を取り、東京工業大学で助教として3年勤務した後、2014年に韓国へ戻ったイ・チャンミン韓国外国語大学国際地域大学院教授(44)だ。今年6月に『今、再び、日本精読』という著書を出版したイ教授を、7月28日にソウルの光化門でインタビューした。

【グラフ】韓日国民1人当たり国内総生産の推移

■「韓国がうまくやったというより、日本があまりにもしくじった」

-韓日経済力逆転の報道がこのごろ多い

「良い雰囲気に冷水を浴びせたくはないが、過剰な解釈は警戒した方が、と思う。客観的データで見ると、韓日逆転は韓国の順位上昇より、日本の順位下落の影響の方が大きい。1995年から昨年までの25年間、韓国の国民1人当たりの名目GDP(国内総生産)は34位から30位、日本は3位から28位になった。スイスのIMD国家経済力ランキングでも、同じ期間に韓国は26位から23位、日本は4位から31位になった。韓国がうまくやったというより、日本があまりにもしくじったということだ」

-一部の韓国の中高年層は「韓国の躍進」に感慨無量だ。

「韓国人が一層目をこらして見るべきは日本の変化だ。韓国はいつも日本をライバルと考えてきたが、一部の産業・業種やスポーツを除くと、日本は韓国をライバルと見なしていなかった。ところが最近、雰囲気が急変した」

 イ教授はこう語った。

「日本国内のこうした反応は、大部分は翼を失った日本経済の墜落を強調するためのものであって、韓国の経済成長に注目するものではない。『このままでは本当に韓国にすら追い抜かれる』という危機感の表れだ。韓国人は『韓国の成長』に力点を置くが、日本は『没落』の相手として韓国に言及する程度だ」

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲イ・チャンミン韓国外大教授が2022年6月に出版した著書『今、再び、日本精読』
  • 「土着倭寇の烙印を押して知日を妨げる韓国、日本のように没落する」(第1回)

right

あわせて読みたい