【コラム】「天安門の城楼」と「ペロシ・パッシング」

同盟を強調する尹大統領の意外な選択
休暇を口実にしたかと思えば後から「国益を考慮」
「中国の顔色をうかがった」と解釈するのは当然
現政権の外交政策はどちらを向いているのか

【コラム】「天安門の城楼」と「ペロシ・パッシング」

 今年の初めに韓国の朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長がスリランカを訪問した際、首都近郊のコロンボ空港では現職の閣僚4人が待機していたという。午前0時を過ぎた深夜にわざわざ出迎えに来たのだ。「相手をもてなす」という国としての強い意思があればここまでやるものだ。

 今月4日に米国連邦議会のナンシー・ペロシ議長が来韓した際、韓国側から誰も出迎えなかったことが問題になると、韓国外交部(省に相当)は「立法府の外賓を迎える際には国会が対応する。行政府は関係がない」と説明した。この言葉は官僚主義的な責任逃れにしか聞こえない。儀典の指針は「従わなければ大変なことになる」といった絶対的な法則ではない。状況によって必要であれば柔軟性を持って対応できるものだ。ペロシ議長到着の際に台湾は外交部(省に相当)長官、日本は外務次官らが空港で出迎えた。台湾も日本も儀典について知らないからこんな対応をしたのではない。

【フォト】2015年9月3日、天安門の城楼で中国人民解放軍の軍事パレードを参観した朴槿恵大統領

 韓国の国会と大統領室は「米国側が空港での出迎えを遠慮した」「事前に了解を取り付けた」とも主張した。米国が韓国に対しては「出迎えは必要ない」といい、日本と台湾には「出迎えてほしい」と言うのはあり得ない。ところが韓国だけが誰も出迎えなかった。ある現職の官僚幹部は「プレゼントをもらう側が『そこまでしてもらうのは申し訳ない』と言ったので、韓国だけが『そうですか。ならあげません』と言ったような状況だ」と例えながら説明した。

 「尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領はペロシ議長と会談しない」という決定についてはもう少し詳しく振り返る必要がある。尹大統領は先日、来韓した米国のシンクタンク関係者に会おうとしたという。この人物は大統領がわざわざ会うような「大物」ではなかった。最終的にスケジュール調整がつかず会えなかったようだが、「プラスにさえなれば格は関係ない」と普段から語る尹大統領のスタイルを示すエピソードだ。尹大統領は就任前も次官級のソン・キム米国対北特使と食事するなど異例のもてなしをしている。

 そのため「休暇」とはいえソウルにいた尹大統領が、米国の外交政策に大きな影響力を持つペロシ議長を「パッシング」したのはどうしても際立ってしまう。「韓米同盟の復元」や「自由民主主義」を訴えてきた尹大統領がペロシ議長に会うのは何らおかしなことではない。ペロシ議長は欧州やアジアを訪問する際には必ずその国の首脳と会談してきたため、負担も小さかったはずだ。そのためこの件については様々な見方があるが、ある外交筋は「バイデン大統領もペロシ議長の台湾訪問を良く思っていないというニュースが報じられたので、尹大統領とスタッフたちが最初の判断を間違えたようだ」と指摘している。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】「天安門の城楼」と「ペロシ・パッシング」

right

あわせて読みたい