【コラム】選挙区制の改編問題、韓国国民は二度とだまされない

 選挙区制の改編が熱く論じられている。公職選挙法の第21条は選挙区の数を253と規定し、選挙区1カ所から国会議員を1人だけ選出できるよう定めている。この部分を改正し、2人以上選べるようにしようという動きだ。大統領が口火を切り、国会が検討作業に乗り出した。

 勝者が独占する小選挙区制は、多様な少数意見を黙殺し、ミニ政党の議会進出を妨げてきたというわけだ。肥大した両党体制が定着した原因、韓国社会がまるで遠心分離機にでも掛けられたかのように左右両極端に走ってしまう理由も、これに起因する。

 果たして本当にそうなのだろうか。人のせいではなく、システムのせいなのだろうか。1カ所から2人以上を選ぶ中大選挙区制にしても、地域分裂が深刻化しかねないという声もある。朝鮮ドットコム、朝鮮日報ユーチューブなどに掲載された数多くのコメントを見ると、読者は選挙区制の改編よりも、現在300人となっている国会議員の定員を大幅に減らせという要求が圧倒的に多い。韓国憲法41条は、国会議員の定員を「200人以上とする」となっている。従って、そのラインまで減らせというわけだ。

 もちろん実現の可能性は低い。読者の意見が多少感情的な側面もある。しかし、有権者の率直な思いであり、飾り気のない反応でもある。それが世論というものであり、民衆たちの思いであろう。それだけ汝矣島の政治文化に大きく失望しているため、できることなら政界が作った「二極フレーム」を最大限につぶし、そこから抜け出したいのだ。

 これら民衆の思いは、さらに一歩進んで「国会解散」を主張する声として高揚するケースもある。国会は、韓国の総体的な生産性と国の品格にいい影響を与えるどころか、むしろ常にその逆方向に向かって作用したと見ているからだ。韓国憲法と選挙法には政党解散条項はあるものの、国会解散条項はない。にもかかわらず、かたくなに国会解散を叫んでいる。

 韓国憲法はフランスのものにかなり似ていた。フランス憲法第12条第1項は「フランス大統領は首相および両院の議長と協議した後、下院解散を宣言することができる」となっている。1997年、右派のシラク大統領が経済改革に拍車を掛け、政治危機を克服する目的で、下院を解散したことがある。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=朝鮮日報DB

right

あわせて読みたい