【コラム】大胆なてこ入れ迫られる韓国のノーベル賞プロジェクト

2022/05/08 05:30

著名な科学者に対し資金を提供してきたIBS研究団、相次いで空中分解 10年間の実験は事実上失敗、偏りのあるR&D(研究開発)予算は再分配すべき

▲基礎科学研究院(IBS)ロゴ/IBS

 2005年にソウル大学物理学部のミン・ドンピル元教授をはじめとする科学、芸術、人文学の教授らが集い、「ランコントゥル(出会い)」という集まりをつくった。彼らは、世界一流の科学者が集まって自由に討論し、研究する「銀河都市」をつくるべきだ、と提案した。世界中の物理学者らを呼び込める加速器(超大型施設)の建設も進めるべきだと主張した。

 この構想は、当時大統領選の候補だった李明博(イ・ミョンバク)元..

続き読む