皇居のすぐ前に35階建て大型商業施設「東京ミッドタウン日比谷」誕生

都心再生で一日10万人

皇居のすぐ前に35階建て大型商業施設「東京ミッドタウン日比谷」誕生

 観光客で込み合う東京都心に人々を呼び集める大型観光スポットがまた1つ誕生した。先月29日にオープンした地上35階建ての複合施設「東京ミッドタウン日比谷」だ。パークビューガーデン・映画館・ショッピングセンター・賃貸オフィスなどが入っている。赤坂に「東京ミッドタウン」を建てて成功させた三井不動産が、丸の内の高層オフィスビル街から銀座の高級ショッピング街につながる場所に1322億円かけて新たに建てた。

 開業初日には10万人が集まった。開業から1週間たった4日も、外国人観光客、地方から来た日本人客、同じオフィス街の会社員らが平日午後にもかかわらず、エスカレーターで行列していた。若者たちはパークビューガーデンで春の日差しを浴びたかと思うと、中に入っておしゃれな生活グッズを選んでいた。高級書店とファッション店の間に挟まれた昔ながらの理髪店では、韓国人・中国人・日本人の中年男性たちがくるくる回る青・白・赤の看板を見て「おい、こんな看板が今もあるんだね」「来たついでに髪を切っていこうか」と言っていた。

 丸の内は数年前まで天皇が暮らす「皇居」と東京駅の間にある個性のないオフィス街に過ぎず、ここからほど近い銀座も長期不況のため商売が振るわなかった。だが、今は違う。6つ星ホテルのアマン東京、古風なたたずまいの三菱一号館美術館、最高級ファッションビルGINZA SIX(ギンザシックス)…。丸の内から銀座につながる2.2キロメートルの区間に、日本を除くアジアではなかなか見られない高級スポットがこの数年間に次々と誕生している。

東京=金秀恵(キム・スへ)特派員
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 皇居のすぐ前に35階建て大型商業施設「東京ミッドタウン日比谷」誕生
  • 皇居のすぐ前に35階建て大型商業施設「東京ミッドタウン日比谷」誕生

right

関連ニュース