ピン札のように束ねられた事前投票用紙、規格外の用紙も…(上)

「選挙不正説」を追及する朴柱ヒョン・元青瓦台特別監察担当官インタビュー

ピン札のように束ねられた事前投票用紙、規格外の用紙も…(上)

 京畿道九里市選挙区の事前投票箱を開けると、1番の候補に選択印が押された投票用紙がまるでピン札の束のように入っていた。ある選挙区では印刷がずれた投票用紙、下部の余白が長い事前投票用紙も見つかった。ソウル市城北区の開票映像には事前投票用紙2枚が伝票のようにつながっているのが映っていた。事前投票用紙は選挙人が投票所に来るごとに発行機で出力することになっているが、どうしてそんなことが起きるのか。

 朴柱ヒョン(パク・チュヒョン)元青瓦台特別監察担当官(41)は選挙区6カ所の選挙無効訴訟に向けた証拠保全執行に加わった。投票用紙の保管現場を直接駆け回った弁護士だ。「事前投票不正説」を巡り、舌戦が繰り広げられる間、朴氏はまるで取材記者のようにファクトを集めてきた形だ。

-投票箱の中にピン札のように100枚単位で束ねられた事前投票用紙の写真は直接撮影したと聞いた。選管の現役・元幹部も投票用紙の塊の写真と正規の規格ではない投票用紙の写真を見て、「到底説明が付かない」との反応だった。

 「(京畿道城南市の)盆唐乙選挙区の投票箱はがらんとした住宅展示場にあった。監視カメラはなく、出入り口は番号キーだった。その気になれば投票用紙を十分に入れることができるほどずさんな管理だった。(京畿道)南楊州選挙区の投票用紙保管箱には地域選挙管理委員長の職印が押されてあるべき封印に事務局長の職印が押されていた。『法律違反ではないか』と尋ねると、『はんこは多い方がよい』との回答だった。開かれていた投票箱もあった」

前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ピン札のように束ねられた事前投票用紙、規格外の用紙も…(上)
  • ピン札のように束ねられた事前投票用紙、規格外の用紙も…(上)

right

関連ニュース