「韓国のエリートたちは中国の接待と特別待遇攻勢に籠絡されている」(中)

「韓国のエリートたちは中国の接待と特別待遇攻勢に籠絡されている」(中)

宋義達(ソン・ウィダル)のチャイナ・プリズム

中国政治・外交の専門家、チュ・ジェウ慶煕大学教授インタビュー(2/3)

■「中国の圧力を恐れて沈黙する韓国の知識人」

-韓国の中国専門家や知識人らは、こうした現実になぜ沈黙しているのか。

 「中国によって不利益を被るのではないかという考えが強い。中国当局は韓国の学者や官僚らの発言・記事などをモニタリングしている。だが、中国当局がビザ発給中止のような制裁を加えるケースは、米国議会の聴聞会に出席して中国を批判するくらいのレベルのときだ。韓国には、それほどの実力や影響力を持つ中国専門家がいない。多くの専門家が錯覚して、何も起きていないうちからおびえているのだ」

-ほかにも理由があれば。

 「もう一つ挙げるとするなら、韓国の学者や専門家、指導層が中国から非常に多くの特別待遇や接待を受けているからだ。中国共産党や政府機関からの『シャープパワー(sharp power。資金援助、買収、脅迫、世論操作といった手法での影響力行使)』攻勢に韓国のエリートが籠絡されている」

■「韓国の知識人、中国の機嫌を恐れて自己検閲している」

-韓国のエリートらに小中華意識が染み付いているからなのか。

 「近代以前の時代、長い間続いた『小中華意識』の影響もあるだろう。だが今は全ての国が、譲渡し得ない主権(sovereignty)を有する国家として認められ、これが当然視されている時代だ。韓国のエリートらは、対中関係において『独立』と『自主意識』が貧弱だ。中国が韓半島で覇権的攻勢を繰り広げているのに、韓国の指導層は中国の機嫌を過剰といえるほど意識し、刺激しないようにという敗北主義的自己検閲を繰り返している」

-「集団恐中症(中国恐怖症)」に陥っているようだ。なぜこうなったのだろうか。

 「三つの強迫観念に陥っているからだ。韓半島の統一において中国が決定的役割を果たし、中国が北朝鮮非核化の鍵を握っており、中国市場は絶対に失ってはならない極めて重要な場所だ、という強迫観念だ。だが三つとも全て幻想、錯覚だ」

■「アジア・パワー指数」1位は米国、韓国7位…中国は?

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「韓国のエリートたちは中国の接待と特別待遇攻勢に籠絡されている」(中)

right

関連ニュース
あわせて読みたい