中共軍美化映画『1953金城大戦闘』、韓国上映が中止に

輸入会社、各界の反発で撤回

 6・25戦争(朝鮮戦争)を北朝鮮と中国の視点から描いた中国共産党の映画『1953金城大戦闘』(原題『金剛川』)の韓国上映が取りやめられた。文化体育観光部の黄熙(ファン・ヒ)長官は8日、国会文化体育観光委員会の全体会議で、「(輸入会社側が)等級分類(レーティング)を放棄したため、上映はできない」と述べた。

 黄熙長官は「韓国映像物等級委員会(映等委)は等級分類をする所だから分類をしたものだ。負担を感じたのかは分からないが、当事者(輸入会社)が撤回した」と言った。この映画は、6・25戦争終盤の1953年7月、江原道華川で韓国軍・国連軍と北朝鮮軍・中国軍が戦った金城戦闘を北朝鮮と中国の視点で描写しており、問題になった。

 映画輸入会社ウィズダム・フィルムのイ・ジョンヨン代表も同日、謝罪文を発表した。同代表は「当社で輸入した映画『1953金城大戦闘』のために、国民の皆様にご心配をおかけして申し訳ない」と謝罪した上で、「該当映画の海外著作権者との版権契約を破棄した。映像物等級委員会でも国外ビデオ等級審議が取り下げられた」と説明した。

 イ・ジョンヨン代表は「北朝鮮軍の南侵が行われ、数百万人の命が奪われた民族の悲劇である6・25戦争を舞台にし、特に敵軍の英雄譚として描かれている内容について十分に検討しないまま、この映画を輸入し、責任を感じている」と述べた。

■「世界で最も平和な国」1位はアイスランド、韓国48位、TOP10は?

朴敦圭(パク・トンギュ)記者 , ウォン・ソンウ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい